> > 50代女性は「仕事がない」は嘘⁉ミドル女性ニーズ急上昇中の職場とは?

50代女性は「仕事がない」は嘘⁉ミドル女性ニーズ急上昇中の職場とは?

52 views

人生の岐路を半分過ぎた50代、育児も落ち着き仕事をしたいと思う女性も多いと思います。50代という年齢から就職はできるのか不安に感じる方やどうやって就職活動を進めていけばいいか悩んでいる方も少なくありません。

最近では50代女性を戦力として求めている傾向があり、活躍の場や働き方の選択肢もたくさんあります。

今回は、50代女性の仕事事情や仕事探しのポイントについて、おすすめの仕事についてもご紹介しますのでぜひご参考ください。

50代女性のリアル!仕事事情や働く目的

50代に突入するとふと考えるのが老後の生活資金。
「老後生活資金2000万問題」がニュースで話題になりましたが、これまでの貯蓄や年金だけでは足りないと不安に感じる方も多いでしょう。

また、老後を豊かに過ごしたい方や少しでも老後資金に余裕を持たせるために体が健康な間は働いて貯金したいと思う方も。

総務省の平成30年家計調査年報によると、高齢夫婦無職世帯の生活費は、1ヶ月あたり約23.5万円がかかりますが、収入は約22万円。

総務省 平成30年家計調査年報 <参考4> 高齢無職世帯の家計収支(二人以上の世帯・単身世帯)
https://www.stat.go.jp/data/kakei/2018np/gaikyo/pdf/gk02.pdf

公的年金だけで生活するには厳しく、ゆとりある生活をするには貯蓄をしておくことが大切です。
豊かな老後を過ごすには、子育てがひと段落した50代からの再就職を目指すべき。

「50代からでも就職できるの?」と思う方、安心してください。
一般的に中高年の再就職は難しいといわれていますが、最近では人材不足に悩む企業が多く、転職市場は売り手市場とされ、中でも子育てが落ち着き時間の融通が利きやすい50代女性のニーズが高まっています。

50代以降の正社員率は約35%前後ですが、小売りや飲食業ではパート以外に正社員雇用の求人情報も多く50代女性が社会進出するには今がチャンスなのです。

50代の女性が働く目的には、老後生活資金を貯蓄すること以外に時間の有効活用や社会とのつながり、自分らしさや生き方を求める方も多くいらっしゃいます。

仕事が見つからない人必見!50代の職探しが難しい原因と対策3選

50代女性の求人ニーズが高まっているとされつつも、なかなか仕事が見つからないという方もいらっしゃいます。原因と対策についてご説明します。

原因①【体力の衰え】

年齢を重ねるごとに体力的な問題が出てきます。基礎体力が衰え、以前のように活動的に動作しにくくなり体力に負担のある仕事は難しいこともあるでしょう。

また、女性ではちょうど更年期が始まる時期と重なり、体調面や精神面での不安も大きくなる方もいらっしゃいます。
心身に負担の少ない仕事となると選択肢の幅も狭まってしまいます。

→対策【自分に合った仕事を探そう】
最も大切な対策は、自分自身の体力の衰えを自覚し、体力面に負担の少ない仕事や短時間勤務が可能な職場、以前働いた経験のある職種など、自分に合った仕事を選ぶことが大切です。

体力の衰え、老化…となかなか向き合いにくい問題ですが、仕事選びを間違えると心身共に負担が大きく結局早期退職してしまうといった手間や時間のロスにつながってしまいます。

原因②【十分な時間がとれない】

子育てが落ち着いて子供も独り立ちしてやっと自分の時間がもてる…と思ったのも束の間。親の介護問題が出てくるのもちょうどこの時期です。
日々の生活でしなければいけない家事もあり、全ての時間を仕事に使えるといった方は少ないでしょう。

「たくさん働いて貯金したい」という想いとは裏腹に思うように時間がとれず短時間の勤務しかできない方も。フルタイムの求人には当然応募できず、時間的な問題で仕事探しが進まないケースも出てきます。

→対策【短時間勤務可能な職場探しを】
フルタイムのみ募集している求人もありまますが、「シフト勤務」「短時間勤務可能」を条件にあげている企業もたくさんあります。

例えば、病院事務では午前・午後の診察時間のみといった勤務も可能ですし、介護職であれば早出・遅出の時間帯のみ勤務。
清掃などでは開店前の早朝勤務のみと、ライフスタイルに合わせて働くことができます。

原因③【長期の勤務が望めない】

50代から定年まで働く場合入社して10年の勤務が目安となるため、若い人材に比べると長期勤務することができません。そのため同じ能力を持っている若手がいれば長く働き続ける人材を雇用したいと思うのが企業の本音でしょう。

→対策【若手にはない魅力をアピール】
これまで生きてきた人生や経験は全て大きな財産です。
若い人材にはない落ち着きや経験値は50代女性の魅力となるため、企業にとって安心感をもたらします。アピールポイントを具体的に伝え採用を勝ち取りましょう。

50代女性の仕事探しのポイント

50代女性が仕事を選ぶとき、ポイントは働きやすい職場・長く働き続けることができる、という2点になります。

まず、働きやすい職場は「自分のライフスタイルに合った職場」ということです。
自分の希望する時間や給与はもちろん、自宅から通いやすいことも重視したいポイントです。なにより、年齢の衰えや更年期による負担は無理をしてしまうと回復に時間がかかり今後働けなくなる可能性もあります。

健康な生活を送れる、負担の少ない仕事を選ぶようにしましょう。

そして長く働き続けることができる職場ですが、最も良いのは「定年のない仕事」でしょう。
定年後も仕事を続けることが主流になっている今では、再雇用・勤務延長制度を利用して働いている方も多くいらしゃいます。

再雇用・勤務延長制度を利用せず新たに再就職する場合、定年のない仕事として清掃業・警備員・介護職・家事代行・管理業などの人気が高く、アルバイトや委託業が中心とした雇用形態となっています。
これまでの経験や得意なことを活かした職業を選べば、定年後も長く働き続けることができるでしょう。

仕事を探す際は入社後の後悔をしないためにも、会社の情報や求人情報から仕事内容や条件をしっかりチェックし、納得して応募しましょう。

新しいスキルを身につけ職探しの第一歩を

50代女性が再就職をする場合、新しい技術やスキルを身につけていれば採用に有利となります。

職業訓練(公共職業訓練制度)はご存知でしょうか?
失業保険を受給している求職者であれば年齢問わず失業保険を受給しながら無償で受講でき、就業のためのスキルを身につけることができます。失業保険を受給されていない方は求職者支援制度によって職業訓練の受講が可能です。

平日1日6時間程度、約3カ月受講しますが、(コースによって期間は異なります)失業保険を受給しながら知識とスキルを身につけることができるメリットがあります。ITスキル、簿記、経理、介護職員初任者研修、CAD、プログラミング、ビル管理など様々なコースが用意されています。地域によってコース内容が異なりますので確認が必要です。

50代から新しい職種にチャレンジする場合、手間や費用面でなかなか一歩踏み出せないことがありますが職業訓練をうまく利用すれば無償で採用に有利になる資格を目指すことができます。

50代女性にはどんな働き方があるの?

50代女性の働き方の選択肢をご紹介します。正社員以外にライフスタイルや希望に合わせて3つの働き方を選ぶことができます。

パート・アルバイト

50代・60代女性の多くがパート・アルバイトとして働いています。正社員に比べて収入は低くなりますが、短時間勤務や希望に合わせた自由な働き方ができるため家事との両立がしやすく扶養内で働けるというメリットがあります。
体力的な負担が少ないという点も人気の理由です。

契約社員

3年を上限とした有期雇用契約となり、労使協議により延長も可能です。正社員に比べて収入や賞与が少ないデメリットはありますが残業時間が少なく自由が利きやすいメリットがあります。会社規定により働き方は様々ですが、正社員同様に働ける体力に自信のある方に向いています。

派遣社員

出勤や休日の希望があるけれどしっかりと働きたいという方、ブランクがあり不安を感じながらも働いたことのある職種で働きたいという方に向いています。派遣会社に登録し派遣会社より固定給が支給されますので、安定した給料を得ることができるので老後資金を計画的に貯蓄することができるでしょう。

家庭の都合や体力的にしんどくフルタイムでの勤務が難しい方でも、派遣会社と派遣先との協議によって勤務日数や勤務時間の調整ができるので負担が少ないというメリットがあります。

パートやアルバイトよりも働いて老後資金を貯めたいという50代女性は派遣社員がおすすめです。ただし、給料や賞与規定、通勤手当の支給などは派遣会社によって条件が異なりますので、自分に合った派遣会社を見つけ登録することが重要です。

選べる仕事の種類は事務職から軽作業など様々で、派遣会社によっては無料のスキルアップ研修を開催しているところも。派遣先との合意があればゆくゆくは常勤雇用を目指す道があるのもおすすめの理由のひとつです。

50代女性におすすめ派遣会社2選

事務職を目指す方におすすめ!リクルートスタッフィング

リクルートが運営する大手派遣会社の「リクルートスタッフィング」は、求人案件数が豊富で大手企業から中小企業、ベンチャー企業まで登録されている派遣会社の規模が多いことに定評があります。

メリット①WEB登録できる
派遣会社の登録では来社登録が一般的ですが、リクルートスタッフィングではWEB登録で派遣登録が完了。説明会の参加や講習の受講など手間がないので、思い立ったときにすぐ登録できます。
公式サイトよりログイン後、15分程度で登録できるので来社する時間がない方におすすめです。

メリット②求人案件数が多い
派遣社員で働く場合、求人数が多い派遣会社を選ぶことは最も重要なポイントです。万が一派遣先での仕事が合わなかった場合、人間関係がスムーズでなかった場合…求人数が多いとサクッと職場を変えられるメリットがあります。
常時豊富な求人の選択肢があるため、自身の状況や希望に合わせて安心して職場を変えることができるでしょう。

③無料研修でスキルアップできる
基本的なビジネスマナーやパソコンスキル向上、面接対策など無料のスキルアップ研修が充実しています。
資格取得の講座受講や提携スクールでの受講は優待価格で受講できるので、働きながらスキルアップを目指すことも可能です。

④専属担当が親身
一人一人に専属の担当がつきますが、派遣先での悩みや不安に寄り添った対応をしてくれるので安心して仕事をすることができます。仕事へのブランクがあり不安を抱えている方も随時相談できるので安心感があり、派遣先に言いにくいことも代行してくれるのでトラブルもありません。

⑤デスクーク系に強い
若い頃事務職をされていた方、体力的に負担の大きい作業系は厳しい中高年の方はデスクワークを希望する方が多くいらっしゃいます。リクルートスタッフィングでは、オフィスワーク・事務のデスクワーク系の仕事が4414件(2019年8月22日現在)登録されており、一般事務、データ入力、秘書、OA・IT系インストラクターなど選択肢も豊富。

ITスキルの無料研修や貿易実務検定(R)C級対策講座&検定試験・日商簿記3級対策講座&検定試験・MOS Excel2016スペシャリスト受験料補助・資格活用セミナーなどのコース受講によりスキルアップも可能です。

ライフスタイルに合わせて軽作業!テクノサービス

製造系・工場の軽作業に強い派遣会社「テクノ・サービス 働くナビ」は、求人案件数17,269件(2019/8/21 更新)と業界トップクラス。時給が高く、体に負担のない軽作業をしたい方におすすめの求人案件が多く、通勤しやすい職場を探しやすいことが特徴で、工場の軽作業は未経験の主婦の方も採用されやすい仕事のひとつで人気も高いです。

メリット①求人案件が充実
製造系・工場系の仕事を中心に豊富な求人数があるため、派遣先の変更など調整が利きやすく希望する職場を選ぶことができます。一度働いてみて「合わない」と思ったときもすぐに求人案件を紹介してもらえるのでブランクなく働くことができるでしょう。

メリット②ライフスタイルに合わせて働きやすい
家事や介護と両立されている方も働きやすい短時間勤務や自宅近くといった求人案件も豊富に選べるので、両立の負担なく働くことができます。

メリット③未経験可の求人案件が多い
未経験でも働きやすい製造系・軽作業の仕事が多く、これまで働いた経験のない女性やブランクの長い女性でも安心して働けます。清掃業などの紹介もあるため、家事スキルなど得意分野を活かすことができるのも嬉しいですね。

メリット④モクモク系に強い
主婦に人気の高い軽作業の仕事といえばモクモク系作業。梱包・仕分け・検品・在庫管理・シール貼りなどマイペースにモクモクすることが好きな方に向いています。

テクノサービスでは、モクモク系作業の求人案件が多いので、人と接することが苦手な方や仕事とプライベートを割り切りたい方、身体的な負担が少ない仕事を希望する方におすすめです。

50代女性の魅力発揮!採用されるポイント

「もう若くないし、体力にも自信がない…」と就職を諦めている方も多くいらっしゃいますが50代女性だからこその強みがあるのをご存知でしょうか?

経験値

これまでの人生経験は仕事をする上での武器になります。仕事の経験がある方も専業主婦を長年続けてこられた方も若手人材にはない経験を求め採用する企業も少なくありません。

健康面

50代女性を雇用する企業にとって健康面は重視するポイントです。勤務時間が身体的な負担にならないか、長く働いてくれるかを心配され特に工場系では立ち仕事もあるため健康面のアピールは必須。
具体的に「趣味はハイキング・ウォーキング・登山」と伝えればバイタリティをアピールすることができます。健康面に問題ないことをアピールすれば採用に一歩近づくでしょう。

コミュニケーションスキル

50代から働こうという女性はコミュニケーションスキルが高く、穏やかな方が多くいらっしゃいます。モクモク系の仕事といっても全くコミュニケーションをとらない職場はありませんし、コミュニケーションスキルが高ければどんな職場でも通用するでしょう。
町内会やPTAの参加経験も様々な世代交流の経験となり、そこで培った順応性や親しみやすさなどコミュニケーションスキルのアピールにはぴったりです。

リーダーシップ

若手にはない強みとして、リーダーシップがとれるといったポイントがあります。アルバイトや派遣では管理業務はしないものの若手人材の良きアドバイザーや相談相手といったポジションを期待されることも少なくありません。
若手社員の心の拠り所となるような人材が求められています。

主婦目線

50代女性といえば主婦の大ベテラン。日々の食材に生活用品、保険や学費の管理など家計を握っている主婦の目線は企業にとってありがたい存在となります。
一般の顧客にたった目線や男性では気づかないようなことも鋭く目を向けた提案力は、主婦ならではのアピールです。

【まとめ】なんのために働くの?大事なのは目的意識

50代に突入すると「子育てが落ち着き、そろそろ自分の自由時間ができる」と思う反面、更年期や健康問題の不安、介護問題などが浮上してくる年代です。
それでも豊かな老後のため、社会とのつながりを求めて仕事を探す方がたくさんいらっしゃいます。

あなたはなんのために働こうと思っていますか?
50代女性が長く働こうとするなら働く目的を明確にして仕事を探すことが重要です。

「お金のため」「生きがいのため」と、理由は様々ありますが「なぜ働きたいか」という明確な働き方の軸をつくることで仕事の選択がしやすくなり、仕事探しがスムーズになるメリットとなります。

少子高齢化社会が進み50代女性のニーズが高まる傾向で、あなたを求めている企業と必ず出会えるはずです。ぜひ、自分らしく働ける仕事を見つけ、輝ける人生の転機を迎えてください!

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
275,123views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
83,444views
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
3
40代で未経験の職種に転職できる?有利な資格は?
76,627views
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
4
【マンガ】ダラダラ残業はNO!定時上がりがもたらすメリットとは?
73,203views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
5
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,516views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
70,283views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
69,813views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,493views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,054views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,173views
ページのトップへ