> > 専業主婦を辞めて働きたい…旦那の協力を得るには

専業主婦を辞めて働きたい…旦那の協力を得るには

1134 views

働きたい専業主婦結婚を機に仕事を辞め、専業主婦に。

最初のうちはずっと家に居る事に不満を感じたりはしなかったけれど、最近ずっと家に居るというのもつらくなってきた…。
毎日毎日同じことの繰り返しで、そろそろまた働きたい。そう考える主婦というのは、意外と多いです。

でも数年のブランクがあって、雇ってくれる会社はある?家族の理解は得られる?そんな不安でいっぱいの方に、どうすれば専業主婦を辞めて働けるか、一緒に考えてみましょう。

専業主婦が働きたいと思う理由

現代では共働きの世帯が多くなっている

平成初期くらいまでは、女性は結婚したら家庭に入るもの。といった感覚が日本では強い風潮がありました。けれど、世界的にみればそういった風潮は決して多いとはいえず、先進国で言えば実は珍しいのです。
そして最近では、日本でも共働きの世帯がかなり多くなってきています。

共働き世帯数

こちらの表は内閣府が行った統計で、共働き世帯の年代による推移を表にしたものです。
平成8年から専業主婦世帯と共働き世帯の数が反転して、平成29年には昭和55年と完全にひっくり返った状態になっています。
それだけ最近では、日本でも夫婦共働きが一般的になっているということを示しています。

内閣府 男女共同参画白書 平成30年版
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h30/gaiyou/html/honpen/b1_s03.html

専業主婦が働きたいと思う時とは

もちろん、今まで専業主婦をしていた女性が働きたいと考える理由には、人それぞれあるでしょう。ここではどんな意見が多いのかを見てみます。

家計の問題

子供がまだ就業前であればやりくりできていたけれど、今後大きくなるにつれ学費の負担も大きくなります。更に子供一人ではなく二人、三人と多くなればなるほど負担は増しますよね。
できればマイホームだって欲しいし、たまには家族旅行だってしたい。もしもの時のために貯金だってしなければならない。そう考えると、やはり二人で稼いだほうが安心できるというものです。

孤独感を感じる

子供が生まれたばかりの女性は家事に育児にと追われて、気づけば友人とも連絡をとっていなかった。小さい子供を連れて外出もままならない。ここ数日マトモに言葉を交わしたのは旦那くらい…といった状況に、孤独感を感じてしまう方も多いです。
大人になると、人との関わりは仕事以外では自分から積極的にコミュニケーションをとっていかなければ、容易く切れてしまいがちです。

自分で自由にできるお金が欲しい

旦那の給料のみで生活している世帯の主婦は、家計を預かっているとはいえ、やはりあくまで旦那の稼いだお金だと思っている人は多いです。
そのため、自分で勝手に使う事に罪悪感を抱いてしまう。旦那が仕事中に、自分は旦那のお金で外出して買い物なんてもっての外。そんなふうに考え、結局息抜きもできずに、ストレスや孤独感を貯め込むことになりかねません。せめて自分のお小遣い分は稼ぎたいと考えている方も多いです。

家に居ることに罪悪感を感じる

女性の自立心が育ちがちな現代。ずっと家に居るという事自体に罪悪感を感じてしまう人も居ます。
今は共働きの世帯も多く、友人やママ友などが働きに出ているのに、自分は今家に居てママ友会があれば旦那の給料で遊んでいる。自分は本当にこれでいいのだろうか?と焦りや罪悪感を感じてしまう方も多いようです。

とにかく外に出たい!

専業主婦は、家事と育児でとにかく家に籠もる時間が多くなります。家事の合間を見て子供と散歩に出てみても、やはり旦那のお金だという意識から公園やお金をあまり使わないところと思う人も多く、一日中外にいられるわけでもありません。
会話をするのも旦那と子供くらい。夕飯の買い物も外に出てるとはいえ、やはり家事。掃除、洗濯、食事の用意、毎日同じ作業のローテーションで、毎日同じことを繰り返していれば頭がおかしくなりそう!と感じるのも想像に難くありません。
とにかく生活に何らかの刺激がほしい!とフラストレーションをためて、外に出たい、働きたい!となる専業主婦の気持ちも分かります。

専業主婦を辞めて仕事をすることへの不安もある

また、専業主婦をしてきたからこそ、仕事を始めるにあたって不安に思うことも多いでしょう。多くの専業主婦が感じる不安を一部紹介します。

家事と仕事の両立はできるか

毎日の家事をこなしてきた専業主婦だからこそ、不安に思う課題だと思います。家事は自分の領域で、自分の使いやすいよう、生活しやすいように工夫しているから下手に手を入れられるのがモヤっとするという方もいるでしょう。
でも仕事を始めると、やはり今まで通りにはいきません。すべて一人で仕事も家事もやろうと思うと、どんどんしんどくなってきます。それなら最初から旦那さんに、できる限りの部分で分担してもらえるように頭を切り替えるべきです。

家族の協力が得られるか

旦那さんに家事や育児を手伝ってもらえるか、という不安もありますし、また家庭によっては旦那さんの両親と同居している方もいるでしょう。そうなると、お姑さんなどの理解を得る必要も出てきます。
お姑さん世代だと、まだまだ家事を完ぺきにこなしてこそ嫁!という意識が根付いている人もいるでしょう。そういった人に、仕事に出るために、夕飯作りや子供の世話などを頼めるか、不安になってしまいますよね。

働ける職場があるのか

昨今では、独身時代には仕事をしていたという女性が多いと思われます。それでも専業主婦をしていた間のブランク期間はどうしても誤魔化すことはできません。
長いブランク期間があっても就職先はあるのか、また自分自身の仕事の勘は取り戻すことができるのか。
久しぶりすぎて就職活動も難航してしまうかもしれません。いざ働きたいと思っても、そもそも雇ってくれる職場があるのかと不安になってしまうのは仕方のないことです。

子供を預けられる所があるのか

ニュースでも取り上げられている待機児童などの問題もあり、共働き夫婦にとって子供を安心して預けられる場所があるかというのも不安の一つだと思います。
保育園の空き待ちですぐには預けられずに、仕事探しができないとタイミングを逃している人もいるでしょう。
近くに自分や旦那さんの両親がいれば、保育園が決まるまで一時的に預かってもらえるか相談もできるでしょうが、身内が近くには居ないという人にとっては、かなり大きな問題です。

家族からの理解が得られなかったら

働きたい専業主婦が旦那に反対されるケースは多い

専業主婦が働きに出たいと思った時に、まず最初の障害になりえるのが家族です。中でも「旦那に反対された」という方は多いようです。
今までずっと家に居たのが、仕事に出れば時間の使い方も変わるようになるし、時には旦那さんが居る時に仕事に行かなければならない時もあるかもしれません。となれば、やはり旦那さんの了解を得ずに仕事を決めるわけにもいきません。
人によっては「あまりに反対されたから、こっそりパートを決めてしまおうかなと思っている」または決めてしまったという人も居るようです。でも一緒に暮らしている限りは、いつまでも隠しておけるものではありません。むしろバレてしまった時には大いに揉めることになるでしょう。
家庭内で余計な揉め事は、無いに越したことはありません。そのためには事前に旦那さんや家族の了承を得て、協力してもらえれば、仕事と家事の両立もきっとうまくいくはずです。

なぜ旦那は共働きに反対するのか

そもそも、なぜ世の旦那さんは専業主婦をやっていた妻の仕事を反対するのでしょうか。人それぞれの理由はあるでしょうが、多く見かける理由をまとめてみました。

自分も家事をやらされるのではないか

今まで家事や育児など家庭のこと、子供のことをすべてやってくれていたのが、仕事を始めるとなると、家事分担を言い出すのではないか。と心配してしまうようです。
これは平成初期まで日本では一般的だった「家事や育児は女性がするもの」という偏見が原因になっています。最近では女性の社会進出が広まるにつれて、「家事や育児は女性だけの仕事じゃない」という認識も広まってきています。
それでもやはり、まだまだ日本では家事や育児は女性がするもので、男性はお金を稼ぐものという意識が高いように感じます。

仕事に専念できなくなる

上項目の家事と育児につながっていますが、お金を稼ぐのは男性という意識に基づくものだと思います。家族を養うために朝から晩まで働いて、更に家事や育児までやらなければならないのか?という、女性にしてみればやや自分本位では?と感じてしまう意見だと思います。
家事ならまだしも、子供の迎えやお風呂に入れるといった分担を振られると、子供に合わせて帰らなければいけなくなります。仕事の事だけを考えられていた現状を変えることに、不安を感じているのかもしれません。

妻が家事をしなくなるのではないかという不安

仕事から帰った時の疲れや休日の気だるさは、旦那さんが1番理解しているでしょう。仕事を始めれば、今までずっと家に居て家事に専念できていた妻が、家事を疎かにするのではないかと不安になるようです。
妻にしてみれば「それならあなたが気になるところをやってくれればいいじゃない」となるところなのですが…。

子供が一人になる時間が増えるのでは?

せめて3歳までは子供のそばに居てあげてほしい。と専業主婦になることを望む旦那さんが多いようです。また人によっては小学校に上がるまで、小学校いっぱいは、など年齢に違いもあるようです。
親の愛情が薄い子供に育つのではないか。鍵っ子になるのはかわいそう。など、子供に寂しい思いをさせたくないという意見が見られます。
でもいざ仕事を始めると、子供は楽しそうに保育園に行って、自立心も芽生えてきている。休日や家に居る時にしっかりコミュニケーションを取って、愛情を積極的に伝えることで、子供は大事に思ってくれていることが分かる。といった意見も多いです。
ただし、これは子供の性格にもよるので、しっかりと子供を見ることが何より大事なことです。

経済的に養えない男と周囲に思われたくない

こちらは完全に「男のプライド」といった言い分が大きいようですね。女性にはちょっと理解しづらい言い分であり、またうんざりしてしまう人もいそうです。
家計に密着している女性なら、現実に目を向けざるを得ないため、プライドで生活はできない!といったところなので、少々厄介に感じてしまう意見かもしれません。

嫁が自立してしまうことへの不安

今まで専業主婦であったために、経済的に旦那に依存せずに居られなかった状況が、働きに出て給料をもらうことによって、お互いの立場が変わってしまうのではないかと不安に思う旦那も居るようです。
ネットなどを見ると、専業主婦が働きに出て自立してしまうと離婚の危機なんて、少々無責任にも感じてしまう記事なども…。
更に職場には男性も居る。自分の目が届かない人との繋がりができる。視野が広がる。そういった妻の変化に、敏感になる旦那も居るようです。

働きたい主婦が、反対する旦那を説得する方法

反対する旦那を説得するには、どのような対応をしたらいいでしょうか。まずは第一に気をつけなければいけない点がこちらです。

Point旦那を貶めたり、否定するような言葉は言わない

誰でも自分を否定するような事を言われれば、反発心を抱くものです。
「あなたの収入が低いから、私も働かなければいけない」
「家事や育児を私に任せきりで、家のこと何も分かってない」
旦那に強く反対されれば、カッとなってしまうのも分かります。

けれど、売り言葉に買い言葉なんて事になれば、交渉するどころか、より一層反発されてしまうでしょう。
説得するには、穏やかに話し合うよう心がけたいところです。もしも経済的に厳しいなと感じたなら、家計簿など数字として明確にわかりやすいものを見せてしまうのも手です。
でも前項で書いてある、収入にこだわるようなプライドが高いタイプの人だと、逆効果にもなりかねないので、相手の態度を確認しつつ対応するといいかもしれません。

他にも、レジャーや将来などについて話すのも有効です。
「生活費だけならなんとかなるけど、休日のレジャーでもう少し贅沢ができる余裕が欲しい」
「将来的にマイホームが欲しいし、そのために二人で頑張ってみない?」
「子供が成人して自立したあとに、老後として二人で海外旅行とかできるように今からできるだけ蓄えておくのもいいと思わない?」
自分だけではなく、二人で頑張る。という姿勢を見せると、家事の分担交渉などもしやすいかもしれませんね。

旦那と一緒に頑張るという目標を設定すると協力を得やすい

専業主婦が働くことを渋るような旦那さんであれば、ひとまず将来の夢や目標を二人で話し合って、そのために二人で頑張っていこうという方向性を作ってはいかがでしょうか。
頭ごなしに家事を分担したい!育児も手伝ってよ!と強制すると、だったら働かなければいいだろうと言われかねません。
家計簿で実際の数字を見せて現実を知ってもらったり、家事がどれだけ大変か、できるだけ詳細に日頃やっている事を書き出して見てもらうと、こんなに家事って大変なのか…と理解してくれるかもしれません。
見えやすいデータと、冷静な話し合いを心がけ、家族の協力を得られるように頑張りましょう!

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
186,601views
40代で未経験の職種に転職できる?
2
40代で未経験の職種に転職できる?
75,569views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
3
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
58,687views
50歳から始める仕事の探し方・選び方
4
50歳から始める仕事の探し方・選び方
38,643views
組織を育て社員に笑顔を!盛り上がる社内イベントはこれ!
5
組織を育て社員に笑顔を!盛り上がる社内イベントはこれ!
38,025views
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
6
【失敗】50代の転職で『やってはいけない転職法』
37,388views
高卒に人気の職業・職種ランキング【男女別】
7
高卒に人気の職業・職種ランキング【男女別】
30,484views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
8
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
30,090views
すぐ辞めるべき!潰れる会社の社長、社員の特徴と雰囲気
9
すぐ辞めるべき!潰れる会社の社長、社員の特徴と雰囲気
28,395views
転職にブランクはハンデ?上手な乗り切り方とは
10
転職にブランクはハンデ?上手な乗り切り方とは
26,960views
ページのトップへ