> > 新卒だけど既に辞めたいと思っているあなたへ

新卒だけど既に辞めたいと思っているあなたへ

769 views

厳しい就職活動を終え、やっとの思いで入社した会社。初めのうちは頑張っていたけれど、労働環境や職場の人間関係など、入社前とのギャップに戸惑うことばかり。

最近では辞めたいと思うこともしばしば…。

「辞めたいけれど、折角新卒で入社したのにすぐに辞めてしまって良いのかな…。」
「辞めても次の仕事が見つかるのか心配…。」

そんな風に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
この記事では、”新卒で入社した会社を早期に辞めるとどうなるのか”を具体的に紹介していきたいと思います。

会社を辞めたいと考えている人はぜひ読んでみてください。

新卒で入った会社は3年続けないといけない?

「辞めたくなっても、とりあえず3年は働いた方が良い」

会社を辞めるという話題になるとよく耳にする言葉です。皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか?

この言葉によって、会社を辞めることに迷っている方も多くいらっしゃるかと思います。

実際、新卒で入った会社は3年は続けた方が良いのでしょうか?そのことに関してお伝えしていきます。

そもそもなぜ3年?

辞めたい!と思っても、会社に入ってすぐでは、その会社や仕事内容のことを正しく把握することは難しいです。

その部署の中で、ある程度のことができるようになるまで、つまり一人前になるまでにかかる年数が3年なのです。

もちろん、仕事内容や本人の力量によって異なりますが、一般的におおよそ3年だと言われています。

また「1年目で仕事を覚え、2年目で覚えたことを実践し、3年目で実践した内容の精度を上げる」という話もあります。自分一人で好きに仕事をできるようになるまで3年かかると言われているので、このような言葉がよく話題に上がるようですね。

3年働かないと辞めない方が良いのか?

結論から述べると、そんなことはありません。最近は第二新卒という言葉もある通り、非常に転職がしやすい時代です。

あまりにも辛く、どうしても今の仕事を続けることができないのであれば、無理に働く必要はありません。

しかし、その環境で3年働くことができるようであれば、そのままお仕事を続けた方が無難です。3年間会社で培ったスキルはたとえどのようなものであれ、無駄にはなりません。

新卒で入社した会社だけど辞めたい…そう感じる理由

職場に馴染めない、仕事内容が楽しくない、辞めたい理由は人それぞれです。

辞めたい!と思った時に何の準備もなく辞めてしまうと、次の職場でも同じ理由で辞めてしまうことになりかねません。

その為、まずは落ち着いて辞めたい理由を整理してみると良いでしょう。

人間関係が辛い

悩みの8割は人間関係によるものだそうです。職場の人とは1日の約3分の1を一緒に過ごすことになるので、合う人合わない人様々な人がいます。

また、新卒であれば既に出来上がっている人間関係の中に飛び込むことになるので、余計にストレスを感じることになると思います。

労働条件に問題がある

給料が安い、残業が多すぎるなど、労働条件に問題がある場合です。自身の抱えている仕事と労働条件を天秤にかけ、自分が納得できる条件かをもう一度じっくりと考えてみてください。

ミスばかりしてしまう

新卒の頃は、ミスをして当たり前!失敗して覚えての繰り返しです。その為、あなたが入って間もない新卒であるならば「ミスが続くから…」といって過剰に落ち込む必要はありません。

もしあなたがその職場で新人ではないのなら、ミスが続くのには何か理由があるのかもしれません。やる気が出ない、集中力が持たないなど、原因をはっきりさせるためにも一度落ち着いて考えてみると良いと思います。

仕事に向いていない

人にはそれぞれ得意不得意があります。あまりにも苦手なことを続けていると辞めたくなってしまいますよね。

ただ、正直に言うと、仕事はある程度は慣れです。最初は上手くいかなくても、繰り返すうちにコツを覚えていくものです。

新卒入社で仕事を辞めるタイミングとポイントは?

できることは散々試したけれど、これ以上は自分ではどうすることもできないというのであれば、辞めてしまっても問題ないと思います。

逆に言うと、時間が解決しそうな問題や自分の働きかけで解決する問題であれば、しばらく様子を見てみるのが良いですね。

職場の上司や先輩は、今後あなたが成長した後の姿です。今いる会社の先輩や上司に話を聞いてみて、将来そのような環境でも働くことができそうであれば、続けていくのが無難かと思います。

ただ、これは心身が健康な場合です。うつ病になってしまったり、過労で倒れてしまったり、身体を壊してしまっていては元も子もありません。

仕事が人生の全てではないので、心身に不調が現れているのであればすぐに辞めてしまうことをおすすめします。

仕事を辞めた後に必要な手続き

仕事を辞めてしまった後、そのまましばらく休む、転職活動を行うなど、それぞれ選択肢があるかと思います。

ここでは、会社を辞めてしまった際に必要な諸々の手続きについてざっくりとお伝えします。既に転職先が決まっている人は会社が行う手続きなので、必要はありません。

会社を辞めた後に必要な手続きは主に下記の三つです。期限があるものもあるため、期限内に行うようにしてください。

失業保険の申請

失業状態にある人が受け取ることのできる保険で、前職の給与の40~80%を受け取ることができます。離職票をハローワークに持参することで給付の申請をすることができます。

申請から給付までに3か月程度かかってしまうので、注意が必要です。特に期限はありませんが、受給額が低くなってしまう場合があるため、できるだけ早く申請しておく方が良いでしょう。

健康保険の切り替え

会社を辞めると次の日から健康保険の利用ができなくなるため、医療費を満額支払わなければなりません。そのような事態を防ぐためにも、以下の3通りの方法があります。

会社の健康保険を任意継続する

退職後20日以内であれば、これまで働いていた会社の保険をそのまま継続することを選択できます。会社、または健康保険組合にて申請が可能です。

国民健康保険に加入する

退職後14日以内に住んでいる地域の市区町村の役所の窓口で申請が可能です。会社の健康保険と比較して、どちらの方がお得かで決めると良いと思います。

家族の健康保険の被扶養者になる

家族がいる場合、その方の健康保険の被扶養者になることができます。特に期限はありませんが、できるだけ早くに申請するのが良いでしょう。

年金の切り替え

会社で働いている際は「厚生年金+国民年金」を会社が支払っています。

しかし、会社を辞めると厚生年金から脱退することになるため、国民年金への切り替えが必要になります。切り替えを行わないでいると、年金の支払いが行われていないことになるので注意してください。

退職後14日以内に住んでいる地域の市区町村の役所の窓口で申請が可能です。

新卒で早期離職した場合は”第二新卒”扱いになる

第二新卒という言葉をご存じでしょうか。第二新卒とは、一般的に「新卒で入社して3年以内の求職者」を指します。

ただ、辞書や法律で定められている言葉ではないので、どのような人材を第二新卒として扱うかは企業によって異なります。

転職活動が珍しくなくなってきた現代、人手不足の影響もあり第二新卒者を歓迎する企業は年々増加傾向にあります。

というのも第二新卒は基本的なビジネスマナーが備わっており、企業に染まっておらず「若さ・ポテンシャル」があるため企業が欲しがる人材でもあります。

しかし、増加傾向にあるとは言え、第二新卒者のことを「数年または数ヶ月で会社を辞めてしまった人」と悪いイメージで捉える人も少なからずいます。

面接などではそのことを頭の隅に置いておくと良いかもしれません。

新卒で会社を辞めた後の転職活動はどうやってするの?

早期離職で転職活動を行う際に利用するものについて、下記の3つを紹介します。基本的には通常の転職活動と変わりはありません。

・転職サイト
・転職エージェント
・ハローワーク

転職サイト

メリット

  • 自分のペースで転職活動を行うことができる

デメリット

  • 面接日程,条件交渉などを全て自分で行う
  • 第三者のサポートは受けられない

転職エージェント

メリット

  • 給与が高い
  • テキストが入ります

  • 面接日程の調整など、企業とのやり取りを行ってくれる。
  • 無料で求人紹介・書類作成・面接対策を行ってくれる
  • 転職サイトにはない非公開求人も紹介される

デメリット

  • 担当者によってサポート力に差が出る
  • 急かされることもあり自分のペースで活動できない

ハローワーク

メリット

  • 地元企業の求人が多い
  • 職員に転職活動の相談を行うことができる

デメリット

  • 求人の質にばらつきがある
  • 職員によって力量に差が出る

転職サイトのみの利用だと、全てを自分で行うことになります。

その為、初めての転職の際は、転職エージェントやハローワークを併用し、第三者に相談しながら進めていくと良いかもしれません。

実際に筆者は転職サイトと転職エージェントにそれぞれ複数登録し、自分に合うところを主に利用するようにしていました。

新卒で仕事を辞めて、後悔しないためには

新卒で入社した会社を辞めた後、焦って次の会社に入社したは良いけれど、もう辞めたいと考えている…。

こんなことなら前の会社にいた方が良かった…。そのようなことにならないためにはどうすれば良いのでしょうか。

とにかく落ち着く!

次の職場が決まらない!今の仕事を今すぐに辞めたい!と焦ってしまうと、正常な判断ができなくなってしまいます。転職先で充実して働くためにも、次の職場を探す際には新卒の時よりも慎重になった方が良いと思います。

会社を辞めたばかりで何もする気が起きない…という場合は、しっかりと休息をとってください。焦る必要はありません。

新卒で入った会社をなぜ辞めたいのかをきちんと見直す

また、前回の職場と同じ理由で辞めることがないように、辞めた原因について掘り下げることも大切です。

  • 職場に合わない人がいて辞めた次の職場でも似たような人がいたら?
  • 仕事が向いていなくて辞めた次の仕事内容には本当に満足できるのか?

会社を辞める理由は人それぞれです。次の職場でも同じ問題に直面した際に対応できるよう、自分の中で対策を考えておくと良いでしょう。

【まとめ】後悔のない選択をしてより良い人生を

いかがでしたでしょうか。やっぱり今の会社で頑張ってみようという気持ちになりましたか?

それとも、すぐに辞めようという決意が固くなりましたか?新卒で入社した会社をすぐに辞めるのは、とても勇気がいることだと思います。

辞めたい!という衝動のまま行動するのではなく、一度立ち止まって「どのような職場なら自分の力を存分に発揮できるのか」をじっくりと考えてみてください。

家族や友人に相談したり、求人サイトの求人を眺めてみたり…。じっくりと考えた結果、「今の職場ではやっていけない」と思うのであれば、その会社に固執する必要はないように思います。

あなたの人生を決めるのはあなたです。より良い人生にするためにも後悔のない選択をしてください。

アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
332,067views
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
2
パラレルワーク(複業)で、好きな仕事を実現する方法
84,669views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
3
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
78,319views
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
4
40代未経験は転職できる!?有利な資格って?
77,365views
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
5
【マンガ】残業は当たり前!?定時上がりがもたらすメリットとは?
73,608views
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
6
いい会社と悪い会社は福利厚生で見極められる?
72,995views
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
7
大手企業の就職ばかり狙ってない?就職できなかった人の特徴と対策法
70,057views
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
8
新卒で失敗した私が就活の基礎の基礎セミナーに行ってきた
69,696views
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
9
実際にあった『年代・パターン別の転職体験談』5選
68,411views
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
10
外資系企業には”クビ制度”があるのか?簡単にクビになるって本当!?
62,725views
ページのトップへ