【女性管理職】女性の強みを活かしたマネジメントが武器になる

【女性管理職】女性の強みを活かしたマネジメントが武器になる日本は女性管理職の比率が低いと言われていますが、なぜ低いのでしょうか?

「すべての女性が輝く社会作り」として、安倍内閣時代より待機児童の解消、職場復帰・再就職の支援、女性役員・管理職の増加などが掲げられてきましたが、多くの課題が残されているのが現状のようです。

女性だって管理職を目指してもいいし、管理職としてバリバリ働く環境を得る権利があります。

実際に管理職として活躍している女性はどのようなことを感じているのでしょうか?

ここでは、女性管理職の現状を様々な視点から解説していきたいと思います。管理職として上手くやっていきたい女性、管理職を目指す女性の参考になれば幸いです。

女性管理職が少ない理由

管理職とは、労働者を指揮し組織の運営に当たる人のことをいい、民間企業では課長以上の職位を管理職としています。

男女関係なく基準に値していれば管理職になれるはずですが、日本の企業で女性管理職が少ないのはなぜでしょうか。考えられる理由を挙げていきます。

管理職になる前に退職する

企業や業態により異なりますが、新卒入社から役職に就くまでにかかる年数は課長で約10年、部長で約25年と言われています。

結婚・出産を機に退職を選択する女性が多くいるため、勤続年数が短くなる傾向にある女性は管理職になりにくいと考えられます。

管理職になることを希望していない

  • 女性に限らず出世欲のある人・ない人がいる
  • 責任のある立場への不安
  • 長時間労働になることが嫌
  • 男性の中に入っていく自信がない
  • 家庭を持つ人は仕事と家庭との両立に不安を感じる
  • 既婚女性であれば転居を伴う転勤ができない

などの理由から、管理職になることを希望しない女性がいることも確かです。

女性管理職の前例がない・少ない

そもそも女性が管理職に就いた前例がない企業もあります。その場合、ロールモデルとなる女性がいないことで、女性が管理職になりづらい傾向にあることも考えられます。

また、昔ながらの男性社会の影響から、女性が管理職になることに違和感を覚える人が少なからずいるようです。

このような理由から女性管理職が少なくなってしまっていることが考えられます。

では実際に女性管理職の割合はどのようになっているのでしょうか?

女性管理職の比率・割合は?

平成27年に公布された『女性活躍推進法』では、2020年までに女性管理職の比率を30%程度に伸ばすことが目標として掲げられました。

男女共同参画局「2020年30%の目標の実現に向けて」

参照:男女共同参画局『「2020年30%」の目標の実現に向けて』

では、実際2020年には女性管理職の割合はどうなったのでしょうか。以下のグラフは、令和3年(2021年)に内閣府男女共同参画局が発表したデータです。

男女共同参画局「階級別役職者に占める女性の割合の推移」

参照:男女共同参画局『階級別役職者に占める女性の割合の推移』

このグラフを見ると、女性管理職の割合は増加傾向にあるものの、部長クラスが8.5%、課長クラスが11.5%とまだまだ低い位置にとどまっていることが分かります。

つまり、「2020年までに女性管理職の比率を30%程度に伸ばす」という女性活躍推進法の目標には届かなかったということです。

さらにこちらのグラフは、日本の企業における女性従業員の割合と女性管理職の割合を、他国と比較したものです。

男女共同参画局「就業者及び管理的職業従事者に占める女性の割合(国際比較)」

参照:男女共同参画局『就業者及び管理的職業従事者に占める女性の割合(国際比較)』

日本の女性管理職比率の低さは国際比較を見ると顕著であることがわかります。

女性管理職比率が高い企業ランキング

少しずつ増えてきているとされる女性の管理職ですが、具体的にはどのような業種に多いのでしょうか。

『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)(東洋経済新報社)』2021年版の『女性管理職比率が高い企業ランキング』のトップ10を見てみましょう。

順位 社名 業種 比率(%) 人数
1位 ABC Cooking Studio サービス業 96.4% 134
2位 シーボン 化学 88.7% 118
3位 スタジオアリス サービス業 80.6% 100
4位 ミュゼプラチナム サービス業 80.6% 79
5位 ニチイ学館 サービス業 78.5% 2912
6位 ハウス オブ ローゼ 小売業 74.4% 61
7位 ハーバー研究所 化学 63.5% 33
8位 ハイアス・アンド・カンパニー サービス業 63.2% 24
9位 ファンデリー 小売業 61.5% 8
10位 HAPiNS 小売業 57.1% 12

引用:東洋経済『女性管理職比率が高い企業ランキング』

女性管理職比率高いが上位の企業は、ABC Cooking Studioを始めミュゼプラチナム、スタジオアリス、ニチイ学館などサービス業が多いことがわかります。

また全ランキングの業種別でみると、保険業が23.7%と比率が一番高くなっています。

元々女性社員の比率が高い企業が上位に多く食い込んでいるかたちとなっています。

2位の化粧品メーカーのシーボンは女性比率が91.9%、1日8時間未満で週に4~5日働く「ショートタイム正社員制度」など女性の働きやすい環境を後押しする制度が整っています。

このように女性管理職が多い企業は女性が働く環境も整っています。もし転職を検討する場合は参考にしてみるといいでしょう。

東洋経済オンラインでは、女性管理職の比率が高い企業100位までのランキングが掲載されています。より詳細が知りたい方はチェックしてみてください。

悩み多き女性管理職が感じる不安

ここからは、実際に管理職として働く女性が抱える不安や悩みについて見ていくと共に、その対処法も併せて紹介します。

ワークライフバランスの取り方が難しい

女性はライフステージの変化が働き方に影響を及ぼすことが多くあります。

既婚女性の場合、家事・育児をしながら独身時代と同じように仕事をするのを困難に感じてしまったり、プライベートの時間が減りストレスを感じることもあります。

対処法

産休・育休をはじめとした支援制度の活用や、家事や子育てをサポートしてくれる家族、サービスを利用しましょう。仕事漬けの毎日であってもリラックス出来る時間をできるだけ確保するのが大切です。

女性差別を感じる(ジェンダー・バイアス)

女性管理職が増えない背景には、見えないジェンダー・バイアスがかかっていることもあるでしょう。日本の企業は男性社会が長らく続いた影響から、女性社員の割合が低い、女性管理職の割合が低いことで、男尊女卑とも取れる言動を受けてしまうことは残念ながらあるようです。

「女は感情的だから」「だから女じゃ駄目なんだ」などの言葉だけでなく、周囲の視線や態度に敏感になってしまいプレッシャーを感じてしまいます。

対処法

仕事での実績・結果を出すことで性別は関係ないことを証明しましょう。

孤独感が強い

周りに女性管理職がいない、または少ないことは、気軽に話せる人がいないということにもつながります。

部下への接し方などに悩んでもなかなか人に相談できず、また管理職になったことで、仲の良かった同僚女性に気を遣われるようになってしまうこともなくはありません。

対処法

弱みを見せることも時には大切です。部下にサポートを頼むことでお互いの信頼関係が生まれ、チームとしての輪が深まることも。社内に相談できる人がいなければ、社外に何でも話せる人をつくるのも良いでしょう。

業務の負担が大きい

管理職は自分の業務だけをこなしていけばいい訳ではありません。周囲への気配り・目配りも含め負担を感じやすくなります。

対処法

何でも一人で抱え込まず、できることは部下に頼みましょう。部下の成長にも繋がります。物事をポジティブに考えるようにすることも大切です。

女性管理職の強み

男女平等の時代といえども、時には納得のいかない場面に出くわしてしまうこともあるでしょう。

しかし、女性管理職は女性だからこその強みを出していくことで、信頼される上司になれる可能性があります。

ここでは、そんな女性ならではの強みとは何かを紹介します。

【強み.1】観察力&細やかな気遣い

観察力が優れているため、些細なことでも部下一人一人の変化を察知できる。適切にケア、フォロー、モチベーションアップなどをして部下を支えていける。

【強み.2】共感力の高さ

部下の気持ちに寄り添える。それぞれの人(上役、部下、顧客など)の立場に立ち話を聞ける。良好な人間関係が構築され、チームとしての結束力が生まれやすい。

【強み.3】コミュニケーション能力

フラットな立場で会話を楽しむことができる。良い雰囲気の中、社内のコミュニケーションが活性化されることで、部下の成長、企業の成長に繋がる。

【強み.4】同性への配慮

男性上司には相談しづらいことでも、同性ということで女性社員が相談しやすい環境を作れる。ワーキングマザーの気持ちを理解できる。女性管理職のロールモデルになり得るため、結果として『女性が輝く日本』に近づいていく。

【強み.5】女性ならではの視点

意思決定層が男性管理職ばかりの時には出てこなかった新しい発想、議論が起こりやすくなり最終的には良い方向に進みやすい。また、管理職という立場を活用し女性が働きやすい環境を提案し改善していける可能性もある。

女性管理職の心構え

  • 男性の部下は背中を押し支えていく姿勢で
  • 女性の部下には良き相談相手に
  • 部分的なことではなく全体を見る

女性管理職が気を付けなくてはいけない点

  • 感情的になる
  • 視野が狭い

働きやすい環境へ転職をするのも◎

女性管理職の現状や強みについて説明しましたが、女性管理職として頑張っていきたいと思っているあなた、目指しているあなたは、今現在どのような状況でしょうか?

部署内の雰囲気も良く、女性管理職への道が開けているのであれば良いのですが、そうでなければ、女性管理職として活躍出来る職場への転職を視野に入れてみてもいいかもしれません。

出産や育児などを含む社内の支援制度をはじめ、自分が頑張っても解決できない問題を抱えている場合は、転職エージェントなどを利用すれば女性が活躍出来る企業の求人を効率良く探すことが可能です。

管理職となることで責任が重くなり、家庭との両立など大変な面もあるでしょう。しかし管理職として活躍する女性は、自己成長できるだけでなく、社会全体を活性化させることができます。

女性管理職を目指す方は、ぜひ一歩前へ出て可能性を広げてみてください。


女性におすすめ関連記事

女性が選んではいけない転職エージェント
「女性が選んではいけない転職エージェント」と「女性におすすめの転職エージェント」をご紹介します。転職エージェントを利用すれば年齢の壁もカバーできます。
【経験別】事務職の転職エージェント活用法
あなたの経験に合わせた内定ゲット法をご紹介♪未経験でも事務職で内定を勝ち取るコツって・・・?自己PR例・志望動機例もあり◎
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
手に職をつけて一生食べるのに困らない仕事がしたい!簿記・宅建・IT系・介護…知識・経験ゼロから取れるおすすめ資格とは?
転職するなら結婚前?結婚後?どれが一番いいの?
結婚は人生の転機。転職のベストなタイミングをアンケート結果を元に解説します。志望動機例文5選もあり◎
40代女性が使ってはいけない転職エージェント
40代女性の転職を上手に進めていく方法から、【40代女性が使ってはいけない転職エージェント】と【40代女性でも使える転職エージェント】についてまとめました。
託児所付き企業で働くには?
ワーママに嬉しい託児所付きの企業があることをご存知ですか?託児所付きの企業と託児所付き企業を取り扱う転職サイトをご紹介します。
【出産後の再就職】タイプ別・働きやすい職場を探す方法
出産後に復職したい女性を3つの働き方別に分けて、転職活動方法をご紹介。 あなたに合った企業や仕事を探す方法とは?

参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷