> > 海外就職の現実「私でも海外で働ける?」

海外就職の現実「私でも海外で働ける?」

184 views

せまい日本を飛び出して「海外でキャリアを積みたい!世界で活躍したい!」そう考える人は今の時代、けっこう多い。新卒の社会人でも数年たてば軽いベテラン・クラスになり、いつのまにか後輩もいて、仕事もひと通り覚えて慣れてくると、毎日がマンネリ化して少し退屈に感じたりすることもあるかもしれない。

また、現状に満足できない独身女性なら、たとえ同世代の女性たちが熱心に婚活していても、自身は転職やキャリア・チェンジばかりに関心を持つ人たちも多い。そんな迷える日常に、ふと思いつくのが「海外就職」、キャリア志向の人にとっては、今後の自分のキャリアについて悩んだあげく「海外就職」を決心する人もいるかもしれない。

現状を変えたい人が一生懸命に努力してやっと見つけた機会を、人は「人生のターニング・ポイント」と呼んでいるのかもしれない。そんな時期に選択肢のひとつとして思い浮かぶのが「海外就職」というオプション、特定の職種でも企業でも業界でもない、とにかく最優先なのは「海外で働くこと」にある。やりたい仕事や達成したい目標を日本国内ではなく、海外で実現するのである。

しかし「海外就職」とひとくちに言っても・・・言うは易し行うは難しで、そんなに誰もがいつでも容易にできる就職ではない。では、どうすれば、どんな人なら「海外就職」できるのだろうか。英語がほとんど話せない人でも「海外就職」できるのだろうか。

フツーの職歴や学歴でも「海外就職」できるのだろうか。幸か不幸か、そんな「海外就職」に興味をもってしまったあなたのために、何の事情からか日本を離れて遠いどこかで新たな人生を見つけたいあなたのために、あまり楽しそうな海外暮らしの話ばかりせず、ここはひとつ現実を見据えた「海外就職」の実際についてご紹介したい。

海外就職の実際って・・・?

国別、海外転職エージェントはコチラ

海外就職に英語力は必要?


「海外就職」ときいて、まず必須スキルとして浮かぶのが語学力。そして語学のなかでも、世界中で何かと一番役立つのはやはり英語である。しかし非英語圏の国で就職するなら、その滞在国の言語ができれば十分な場合もある。世界各国にネットワークをもつ国際的な企業や大手企業では、たいてい社内コミュニケーションには英語を使うが、やはり非英語圏の会社であれば、その滞在国の言語もできたほうが有利だし、何より日常生活にも困らないため便利である。

ただし、「海外就職」であっても、職種によっては、さほど英語力を必要としない仕事もある。たとえを挙げるなら、エンジニア系やプログラマー系の仕事だ。人とコミュニケーションをとる機会が少ないため、片言の英語だけでもなんとかなる場合もある。事実、筆者は北米にある現地企業で何十年もご活躍されている、特殊な専門スキルを備えたエンジニアや職人さんにお会いしたことがあるが、彼らの英語力はほとんど日常会話もやっとの初級レベルだった。

だから、かなり専門性の高いスキルで、希少価値のある人材なら、たとえ「高い英語力がなくても海外就職は可能」と言える。

また、英語力を必要とされる仕事でも、必要に応じて会社側が専属の通訳スタッフをつけてくれる場合もある。ここまでくるとかなり上級の待遇と言えるが、そのランクで仕事できるなら、「高い英語力がなくても海外就職は可能」と言える。また、職人系の仕事もさほど高い語学力は求められない。例を挙げれば、寿司シェフなどレストラン業での仕事がある。しかし、さほど高い英語力がなくとも務まるとはいえ、やはりサービス業なので、お客さんとのコミュニケーション力は重要だ。たとえ職人技が期待される寿司シェフであっても、英語力があるに越したことはない。雇う側にとってもシェフ自身にとっても英語ができることはメリットである。

結論、英語力はあったほうがいい。ネイティブレベルまで話せる必要はないが、まったく話せないというのも問題だ。しかし「英語力がなければ海外就職は不可能か?」と言われれば、上述の通り例外はあるので、そうでもない。もしもあなたがその例外の1人をめざせるなら、さほど英語力がなくても「海外就職」を果たせるかもしれない。

新卒でも海外就職できる?

新卒で語学力がある場合

「新卒で海外就職」となると、たいていその滞在国で学位を取得した留学生の現地就職が多い。当然、語学力もかなり高いことが前提で面接を受けることになる。英語圏の現地企業なら英語はできて当たり前であり、TOEICやれ英検といった日本で有名な資格よりも、現地の学校での専攻や成績などが考慮される。

なかには留学経験ゼロでも英語がペラペラな日本人がいる。日本の英会話学校で子供の頃からずっと学んできた人や、日本のインターナショナルスクールで英語を習得した人、子供の頃から外国で育った帰国子女、そして独学で語学を学んだ強者まで、いろいろである。だから日本国内の新卒でも、すでに現地にいる留学生と同様にチャンスはある、と言える。

ただし、「海外就職」では語学力はもちろん、その国で合法的に働くための就労ビザの取得も必須となる。例えば、アメリカでは、現地の留学生はインターン・ビザを取得でき、その後、フルタイムの仕事を獲得して就労ビザに切り替える手続きがアメリカ国内でできる。

しかし、アメリカ国外から就職する場合は、そのインターン・ビザを取得できないため、まずは就労ビザをサポートしてくれる企業で雇用してもらわなければ、アメリカで合法的就労ができないのだ。日本国籍しかもっていない日本人が「海外就職」する際に、もっともネックになるのは、この就労ビザのサポート有無についてだと言える。

つまり、語学力や実力がどれだけあっても、就労ビザを取得できなければ「海外就職」はできないのである。(ただし、国によっては、外国人の就労を許可する国、就労ビザを取得しやすい国、留学生でも就労できる国、特定の職種のみビザ取得しやすい国など、ケースバイケースなので、よく調べておこう。)

新卒で語学力がない場合

「新卒で語学力がない」ということは、少なくとも現地の留学生ではない新卒生と想定される。「海外就職」して、その国の言語がわからないとなると、どうやってその仕事が務まるのだろうか。厳しいことを言うようだが、現実はそんなに甘くない。

「海外就職」をして、その国の人たちと一緒に仕事をしたいと思うなら、まずは語学力を磨くことからはじめるべきだ。ワーキングホリデー、語学留学、留学、英語資格の取得、日本で英語を使う仕事をするなど、機会はなんでもかまわない。新卒で語学力もなく、何のキャリアもない人が、それでも「海外就職」したいとなると、「若さとガッツだけが求められる仕事」であれば可能性はあるかもしれない。

また、自分で資金を貯めて「海外で起業する」といった手もある。これなら語学ができなくても自分がオーナーなのだから誰からも文句を言われることはない。しかし、どこかの会社員になりたいのであれば、それ相応に必要スキルを磨くことはしておきたい。

国別、海外転職エージェントはコチラ

未経験でも海外で転職できる?

海外で転職する際、未経験の職種であっても採用される可能性は十分にある。しかし、やはりこれまでの経験や実績は強みになるので、やはりどんな仕事も未経験者より経験者のほうが有利なのは言うまでもない。海外でも「未経験OK」の求人は、日本と同様にたくさんある。若手採用であれば、なおさら未経験者であっても歓迎される傾向はある。

しかし、若手でなくても、ダメもとでどんどん挑戦してみるとよいだろう。なぜなら、海外(とくに欧米)のほうが日本ほど年齢や性別にこだわらない求人も多い。未経験なのに、これまでの経歴が評価されてすんなり採用される場合もある。日本での転職回数が多いにもかかわらず、「バラエティ豊かな職務経験」と評価されてすんなり採用される場合もある。学生時代のささいなバイト経験が評価されて採用される場合もある。

日本での就活にありがちな常識がまったく通用しないこともあるのが「海外就職」の醍醐味と言える。だからこそ、海外で転職活動する際は、日本の社会常識に左右されず、チャレンジ精神をもって取り組もう。思いがけず運よく採用されたとしても、それもまたあなたの実力の結果なのである。

女性の海外での転職事情は?

就労ビザが必須となる海外就職・転職


日本である程度の社会経験を積んでから、海外へ出てキャリアを形成したいと考える20代・30代の独身女性はけっこう多い。経済的に余裕のある女性や、親の援助を受けられる女性たちであれば、まずは語学力のために留学してから現地就職を狙う人もいるが、もちろん留学せずに現地就職する人たちもいる。

国によって現地就職の方法は異なるが、日本国籍しかもたない日本人にとって「海外就職」でもっともネックとなるのは就労ビザの取得についてである。とくに北米は就労ビザの規制が厳しいため、海外で仕事探しをして、簡単に海外の転職先が決まるといったケースは少ない。

それでなくても外国人雇用のためにビザをサポートする企業は多くないので、とにもかくにも就労ビザ・サポートありきの転職活動となるのだ。日本の企業から海外の現地企業へ派遣される場合は、駐在員として赴任するため、就労ビザは会社を通じて比較的簡単に取得できる。しかし、何のコネクションもなく現地就職を狙う場合は、まずは就労ビザサポートの有無について確認しながら、自分を売り込む必要があるのだ。

日本ほど年齢を気にする必要がない海外就職・転職

さて、肝心な女性の海外での転職事情についてだが、とくに欧米を例に挙げて言えば「あまり年齢を気にせず転職活動できる」という点は、日本には(現時点では)ないメリットと言える。近年の日本でも年功序列はほぼ崩壊してはいるものの、欧米と比較すれば、人材募集を行う際、様々な職種で(正当な理由ありきで)年齢制限をしている企業はまだまだ多く、若年層でないことは何かとネックになりやすい。

日本では年齢のために応募すらできないことは、日本の求人サイトを見ていれば一目瞭然である。また、女性の転職も20代~30代前半くらいまでは未婚・既婚を問わず行えるが、さて、30代後半にもなるとどうだろう。おせじにも20代女性と大差ない条件とは言えない。応募可能な求人は少なくなる一方である。日本社会だけでなく日常生活においても、日本では何かと年齢を気にさせられる機会が多い。

もちろん、欧米でも職種によっては年齢や世代を考慮すべきケースもある。しかし欧米の求人と比較しても、日本ではほとんどの求人情報にすでに年齢制限があり、学歴・職歴は最優先となっていないケースが非常に多いと言わざると得ない。年齢を気にせず転職活動したいなら、「海外就職」はまちがいなくお勧めできる。

結論、年齢や性別に関係なく、これまでの経歴や実績で勝負したい女性にとっては、海外での転職活動は、日本での転職よりも好都合と言えるだろう。

海外就職・転職のメリット&デメリット

「海外就職」のメリット&デメリットについても見てみよう。お国事情も含まれるため、どの国で就職するかによってもメリット&デメリットは異なる。

また、新卒か経験者かによって給与の相場も異なる。また、経済事情や治安事情も異なるので暮らしやすさ&働きやすさも異なる。よって、メリット&デメリットの感じ方も人それぞれと言える。これらを前提に、日本での就職と「海外就職」とを比較してみる。

海外就職・転職のメリット

1.収入アップ!

滞在国や勤務先の事業規模、新卒または経験者かによっても給与設定は異なるが、たいてい先進国で人手不足している専門職ともなれば、収入アップを期待できる。

また、滞在先での学歴や語学力も備えていれば、尚さら良いだろう。たとえ新卒であっても、日本の新卒の相場よりも高給な仕事もある。先進国の大手企業ともなると日本の相場以上の金額を期待できるケースは多い。

2.日本では得られない多くの経験ができる

どんな経験かと言われれば、一言では語りつくせないが、たとえば現地の人達の出会いやふれあい、日本ではできない新しい体験や生活スタイルなど、お金では買えない、日本では得られない多くの経験の機会を持てる。

3.良い意味で人生観や価値観が変わる

海外で暮らすなかで、毎日のさまざまな出会いや経験、カルチャーショックを通じて、新しい気づきを得るだろう。これら多くの気づきは自身のこれまでの人生観や価値観を変えてくれるかもしれない。

4.日本ほど年齢を気にする必要がない

とくに再就職においては、何かと年齢を気にする機会の多い日本社会と比較すれば、欧米社会のほうがより経験や実績を重視して採用する傾向にあるため、年齢を気にする機会も少ないと言える。

もちろん、欧米社会であっても、職種によっては適した年齢層の仕事もあり、どんな仕事も年齢を問われない、というわけではない。しかし欧米の履歴書には、日本の履歴書にあるような生年月日や年齢を記入する項目はなく、日本の求人情報のように応募条件に年齢制限があることもない。日本ほど年齢を気にせず就職・転職活動ができる点はメリットと言える。

5.生活スタイルがシンプルになる

他の国と比較すると、日本は何かと便利なモノであふれかえっている国と言えるかもしれない。日本ではモノもサービスも何かと便利で使い勝手が良くて品質も良い。そんな日本での生活に慣れているためか、たいていの日本人にとっては、海外へでると何かと不便を感じることが多いだろう。

また、海外生活を通じて、日本では経験し得なかったモノの少ないシンプルな生活が当たり前になったりする場合もある。それが不便かというと意外とそうでもない。モノのないシンプルな生活も、慣れてしまえば、日本以上に居心地が良かったりもするのだ。外国暮らしが長くなるにつれて、生活スタイルがシンプルになるといったことはよくある話だ。

6.満員列車の通勤生活から解放される

日本の大都市で勤務経験のある方には、これもまた「海外就職」のメリットにもなるだろう。なんといっても「海外就職」すると、日本での毎日の満員列車の通勤から解放されるのだ。それだけでもストレスから解放され、命びろいしたような気持ちになれる。

日本の満員列車での通勤生活に耐えてきた方なら、滞在国での車通勤や田舎生活を経験してしまうと、たちまち解放感でいっぱいになるだろう。もはやその理由だけで日本ではもう暮らせないと感じる「海外就職」を果たした輩も少なくない。都会ではそんな些細なことすらストレスになっていることに気づかされるだろう。

7.日本での再就職に有利

「海外就職」でしっかりと実績を積んでおけば、近い将来、その経験が評価されて日本での再就職に有利な場合がある。とくに若手ならなおさら有利である。グローバル化する現代のビジネスでは、海外に進出したい日本企業は多い。

そうした日本企業にとっては、海外でキャリアを積んだ語学堪能な人材はたいへん貴重なのである。「海外就職」してそのままその国で永住するのもわるくないが、「海外就職」である程度しっかり実績を積んで、また帰国して日本で再就職するといった手段もお勧めだ。

海外で十分な実績やキャリアがあれば、少々年齢が高めでも採用したいと考える日本企業は多い。日本で年齢に関係なく勝負したいなら「海外就職する」という選択肢も将来的には有利に働くかもしれない。

デメリット

上記では海外就職・転職のメリットを挙げたが、もちろん現実はそんなにいいことばかりではない。ここでは海外就職・転職のデメリットを挙げてみる。現実に目を向けてみると海外就職・転職にもいろいろな心配事やリスクが伴うのだ。

1.収入ダウン…

上記したメリット1と相反するが、滞在国や勤務先の事業規模、新卒または経験者かによって給与設定は異なるものの、よほど人手不足している専門職でもない限り、収入ダウンとなるリスクがある。転職者にも覚悟いただきたいが、日本での以前の収入額や、日本での相場金額などは、海外で転職となるとほとんど関係がない。

その国のその会社のその仕事の相場の給与しかもらえないことを覚悟しておこう。日本基準での給与や待遇を求めるなら、現地にある日系企業で駐在員として赴任するポジションを狙ったほうがよい。また、現地の日系企業で現地採用となる場合も、現地の採用基準で給与や待遇は設定されているため、日本と同じ基準にはならないことを覚悟しておこう。

2.将来の計画がたてにくい

「海外就職」すると、その国で所得税や年金を納めることになるが、いずれは日本に帰りたいと考えているなら、日本での年金制度も気にとめておいたほうがよいだろう。また、その国で不動産を取得する場合も、日本に永久帰国する予定があるなら慎重に検討したいところである。

そして、その国で子育てしながら、しかし日本語教育や日本での進学も考えているなら、現地の日本人学校の有無や今後の進学先の計画など、海外にいながらいろいろと計画を立てていかなければならない。こうして見ると、海外にいるということは、何かと将来の計画が立てにくいといったデメリットがあるということなのだ。

日本にいれば全く心配無用なことも、海外にいると何かと考えていかなければならない。一生涯その国に身をうずめる覚悟で、日本に戻るつもりはないのなら、将来の日本での計画は不要だ。しかし、海外に永住している日本人でも、結局はリタイアしてから日本に永久帰国する日本人が実はかなり多い。

たいていの人たちが「老後は日本で過ごしたい」と日本へ戻ってしまうのだ。もしも「海外就職」してもいずれ日本に永久帰国することを考えているなら、こうしたデメリットも覚悟しておいたほうがよいだろう。

3.日本の家族や友達と会えない寂しさ

程度の違いはあれ、どんなに海外暮らしが大好きな人でも、たまにはホームシックになることもあるだろう。日本の家族や友達といつでも会えない寂しさだけでなく、おいしい日本食や、日本の便利なモノやサービスを恋しく思うこともあるだろう。そんな寂しさにも打ち勝てるタフなメンタルはあったほうがよい。

4.日本食が高級な食べ物になってしまう

今でこそ日本食は有名になり、たいていどの国でも日本食レストランはあり、寿司や天ぷらくらいは世界各国で食せるようになった。日本と変わらないクオリティのお店もあるが、日本ほど安くもなく味も同じとは言い難いお店もまだまだ多い。

日本食スーパーマーケットへ行っても、たいてい日本からの輸入品であるため、どれも割高な買い物になってしまう。海外にいながら日本食を毎日食べたいと思う人も多いだろうが、やはり、日本と同じようなお手軽価格で日本食を食べられることは”ほぼ不可能”だと思って覚悟しておこう。

例外として、アメリカのカリフォルニア州では日系人口も多いため、日本の食べ物やモノはかなり安価に豊富にそろうことで知られているが、それでも日本と比較すれば多少は割高である。海外でも毎日おいしい日本食を食べて生活したい人は覚悟しておこう。

5.日本のような素晴らしい医療サービスを受けられない

海外で滞在していて改めて思い知らされるのが、「日本の医療サービスのすばらしさ」である。日本ほど充実した医療サービスの整った国は非常に少ない、いや、筆者の意見としては”無い”と言ってしまってよいだろう。例えば、パリの病院は予約が必須で日本のように気軽に病院に行く環境ではありません。

海外で日本と同じような医療サービスを受けられることは期待せず、どの科へ行くにも、患者が自分で良い医者や良い医療サービスを選ぶ必要に迫られることを覚悟しておこう。

6.リタイア後の日本での生活や年金が心配になる

海外に滞在しながら、日本でも年金支払いをしている場合は問題ないが、まったく年金を支払っていない場合はリタイア後の日本での生活に心配が残る。リタイア後に日本へ戻る予定があるなら、日本の年金制度にはきちんと加入しておこう。日本でのリタイア生活も考えておらず、日本の年金もあてにしていないのであれば、このデメリットは該当しない。

しかし、日本である程度の社会経験や年金支払いをしてきた方にとっては、引き続き支払っておいたほうが得策な場合が多い。また、海外生活が長い人は、日本とその国の両方で年金支払いをしている人もいる。せっかく今まで支払ってきた分が無駄にならないためにも、たとえ「海外就職」が決まって日本を離れることになっても、事前にきちんと調べておかれることをお勧めする。

国別、海外転職エージェントはコチラ

日本人勤務者が多い企業ランキング1~10位

海外で就職したい気持ちはあるけど、就労ビザを取得するのは容易ではない。国内にある、海外勤務者が多い企業で働いて海外就職にチャレンジするのも一つの手段と言える。東洋経済ONLINE2017年02月17日の記事を参考にしました。メーカー、総合商社が海外勤務先としては強いのが見て取れる。

  • 海外勤務者が多い企業ランキング

  • 1位.トヨタ自動車(約2450)
  • 2位.デンソー(1501)
  • 3位.三菱商事(1291)
  • 4位.ソニー(1250)
  • 5位.三井物産(1218)
  • 6位.住友商事(1099)
  • 7位.三井住友銀行(1083)
  • 8位.キヤノン(約1000)
  • 9位.三菱電機(969)
  • 10位.丸紅(899)
  • ※()は海外勤務者人数

出典:「就職四季報」2018年版

海外就職で失敗しないために(まとめ)

海外就職したい理由は人それぞれだろうが、最後にもうひとつ、「海外就職」を目指すにあたって気に留めておくべき大切なことがある。

それは「目的をもつこと」である。

あなたは「いったい何のために海外就職したいのか?」について、ぜひ自問自答してみてほしい。「世界的に有名な女優になるため!」「起業して億万長者になるため!」など、そんなビッグでかっこいい理由である必要はない。大切なことは、海外へ行ってから目的なくだらだらと過ごすのではなく、自分なりに目的をもって有意義に過ごすことにある。

とくに目的がなくても「なるようになればいいさ」で何とかなる場合もある。しかし、わざわざ祖国を離れて、外国で目的のない生活を続けるというのは、もはや放浪者に近いものがある。そのまま放浪を何十年も続けて、最終的に何を得ることもなく、完全に浦島太郎の状態で日本へ帰ってきて、仕事もない、家もない、お金もない、家族もない、何にもない…といった孤独な人生が待っていないよう、せめて努力くらいはしたいものである。

「海外就職」することは大変エキサイティングな経験である。日本を離れてまったく新しい環境で仕事をするのだから、さまざまな体験や出会いの機会に恵まれる。「海外就職」を本当にしたいなら、いろいろな迷いもあるだろうが、とにかく行動することだ。

「海外就職」に備えるため、今すぐ必要なスキルを磨き、必要な情報を得て、とにかく今できることに挑戦してみることだ。「海外就職」で自分の思う人生を楽しみ、悔いのない人生を過ごせるよう、転がっているかもしれないチャンスは見逃さないことだ。あなたが自分の人生のために一念発起し、無事に「海外就職」を果たし、ハッピーな人生を謳歌されることを祈っている。

国別、海外転職エージェントはコチラ

 

海外 転職エージェント比較

サイト名 サービス詳細 公式サイト
Spring転職エージェント
世界60ヶ国で展開
世界60か国に拠点を持つSpring転職エージェント(アデコ株式会社)は海外転職では外せない鉄板エージェント!世界のほぼすべての地域にオフィスを持つ同社であれば、慣れない海外転職も安心。
ビズリーチ
国内最大級の会員制転職サイト
会員数100万人の会員制転職サイトのビズリーチ。優秀なヘッドハンターがあなたの職務経歴書を見てスカウトしてくれます。年収1000万以上のグローバル求を探している人に最適。会員登録後は職務経歴書を充実させてより多くのスカウトを受けよう!
リクルートエージェント
グローバル求人多数!アジア拠点数No.1
アジアの海外拠点を数多く持ち、中国、台湾、ベトナム、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア、インドにオフィスを持っています。求人数も多いのでアジアでの転職を希望するなら登録は必須。
JAC Recruitment
外資系の求人に強い
国内に加え海外8ヵ国に拠点があり、海外転職も万全の体制でバックアップが可能です。英文履歴書や応募書類の添削指導にも定評あり。コンサルタントの質も高いので、まずは話してみるのも○
マイナビエージェント
幅広い国・地域の求人あり
勤務先に幅広い地域や国があり、海外転職を考える上で外せない1社です。海外求人も非公開求人がたくさんあるので、まずは相談してみると良いでしょう。

type転職エージェント
海外転職の穴場的存在
首都圏求人に特化しているため、サポートは1都3県の在住者に限られますが、実は海外求人も数100件扱っています。25歳~35歳前後の求人に力を入れており、ステップアップしたい首都圏の若手社会人にオススメ。

旅行綜研
日本語のみで海外ツアコンを目指せる
日本を拠点に月の半分ほどを海外ツアーコンダクターとして働き、海外勤務へのステップとしてみては?資格取得もでき、北海道~沖縄まで全国で説明会実施中!対応するのは日本人旅行客なので、外国語が苦手でもOK!

 

海外転職エージェント 鉄板ガイド

海外転職 鉄板ガイド
国別、海外転職エージェントはココを使え
日本人の海外転職、その新セオリーとは一体?
日本人でも行けそうな海外就職先~ヨーロッパ編~
日本人でも行けそうな海外就職先~アジア編~
日本人でも行けそうな海外就職先~オセアニア・南米・アフリカ・中東編~
9ステップで大成功!イマドキ海外就職活動

海外転職エージェント

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
31,977views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
2
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
14,458views
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
3
保護中: 転職お役立ち資料プレゼント
11,199views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
4
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
10,403views
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
5
50歳からの転職OKな仕事10選【未経験可】
10,169views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
6
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
9,552views
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
7
高校卒業後はどうする?高卒の就職先ランキング【口コミ体験談】
8,398views
マンガでわかる! 転職物語
8
マンガでわかる! 転職物語
7,691views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
9
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
7,513views
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
10
電子書籍プレゼントキャンペーンLP
7,447views
ページのトップへ