> > 海外就職の現実「私でも海外で働ける?」

海外就職の現実「私でも海外で働ける?」

718 views

海外就職」。
ひとくちに言っても・・・そんなに誰もがいつでも容易にできる就職ではない。
では、どうすれば、どんな人なら「海外就職」できるのだろうか。英語がほとんど話せない人でも「海外就職」できるのだろうか。

フツーの職歴や学歴でも「海外就職」できるのだろうか。
幸か不幸か、そんな「海外就職」に興味をもってしまったあなたのために、
何の事情からか日本を離れて遠いどこかで新たな人生を見つけたいあなたのために、あまり楽しそうな海外暮らしの話ばかりせず、
ここはひとつ現実を見据えた「海外就職」の実際についてご紹介したい。

海外就職に英語力は必要?

「海外就職」ときいて、まず必須スキルとして浮かぶのが語学力。そして語学のなかでも、世界中で何かと一番役立つのはやはり英語である。しかし非英語圏の国で就職するなら、その滞在国の言語ができれば十分な場合もある。世界各国にネットワークをもつ国際的な企業や大手企業では、たいてい社内コミュニケーションには英語を使うが、やはり非英語圏の会社であれば、その滞在国の言語もできたほうが有利だし、何より日常生活にも困らないため便利である。

ただし、「海外就職」であっても、職種によっては、さほど英語力を必要としない仕事もある。たとえを挙げるなら、エンジニア系やプログラマー系の仕事だ。人とコミュニケーションをとる機会が少ないため、片言の英語だけでもなんとかなる場合もある。事実、筆者は北米にある現地企業で何十年もご活躍されている、特殊な専門スキルを備えたエンジニアや職人さんにお会いしたことがあるが、彼らの英語力はほとんど日常会話もやっとの初級レベルだった。

だから、かなり専門性の高いスキルで、希少価値のある人材なら、たとえ「高い英語力がなくても海外就職は可能」と言える。

また、英語力を必要とされる仕事でも、必要に応じて会社側が専属の通訳スタッフをつけてくれる場合もある。ここまでくるとかなり上級の待遇と言えるが、そのランクで仕事できるなら、「高い英語力がなくても海外就職は可能」と言える。また、職人系の仕事もさほど高い語学力は求められない。例を挙げれば、寿司シェフなどレストラン業での仕事がある。しかし、さほど高い英語力がなくとも務まるとはいえ、やはりサービス業なので、お客さんとのコミュニケーション力は重要だ。たとえ職人技が期待される寿司シェフであっても、英語力があるに越したことはない。雇う側にとってもシェフ自身にとっても英語ができることはメリットである。

結論、英語力はあったほうがいい。ネイティブレベルまで話せる必要はないが、まったく話せないというのも問題だ。しかし「英語力がなければ海外就職は不可能か?」と言われれば、上述の通り例外はあるので、そうでもない。もしもあなたがその例外の1人をめざせるなら、さほど英語力がなくても「海外就職」を果たせるかもしれない。

未経験でも海外で転職できる?

海外で転職する際、未経験の職種であっても採用される可能性は十分にある。しかし、やはりこれまでの経験や実績は強みになるので、やはりどんな仕事も未経験者より経験者のほうが有利なのは言うまでもない。海外でも「未経験OK」の求人は、日本と同様にたくさんある。若手採用であれば、なおさら未経験者であっても歓迎される傾向はある。

しかし、若手でなくても、ダメもとでどんどん挑戦してみるとよいだろう。なぜなら、海外(とくに欧米)のほうが日本ほど年齢や性別にこだわらない求人も多い。未経験なのに、これまでの経歴が評価されてすんなり採用される場合もある。日本での転職回数が多いにもかかわらず、「バラエティ豊かな職務経験」と評価されてすんなり採用される場合もある。学生時代のささいなバイト経験が評価されて採用される場合もある。

日本での就活にありがちな常識がまったく通用しないこともあるのが「海外就職」の醍醐味と言える。だからこそ、海外で転職活動する際は、日本の社会常識に左右されず、チャレンジ精神をもって取り組もう。思いがけず運よく採用されたとしても、それもまたあなたの実力の結果なのである。

女性の海外での転職事情は?

就労ビザが必須となる海外就職・転職

日本である程度の社会経験を積んでから、海外へ出てキャリアを形成したいと考える20代・30代の独身女性はけっこう多い。経済的に余裕のある女性や、親の援助を受けられる女性たちであれば、まずは語学力のために留学してから現地就職を狙う人もいるが、もちろん留学せずに現地就職する人たちもいる。

国によって現地就職の方法は異なるが、日本国籍しかもたない日本人にとって「海外就職」でもっともネックとなるのは就労ビザの取得についてである。とくに北米は就労ビザの規制が厳しいため、海外で仕事探しをして、簡単に海外の転職先が決まるといったケースは少ない。

それでなくても外国人雇用のためにビザをサポートする企業は多くないので、とにもかくにも就労ビザ・サポートありきの転職活動となるのだ。日本の企業から海外の現地企業へ派遣される場合は、駐在員として赴任するため、就労ビザは会社を通じて比較的簡単に取得できる。しかし、何のコネクションもなく現地就職を狙う場合は、まずは就労ビザサポートの有無について確認しながら、自分を売り込む必要があるのだ。

日本ほど年齢を気にする必要がない海外就職・転職

さて、肝心な女性の海外での転職事情についてだが、とくに欧米を例に挙げて言えば「あまり年齢を気にせず転職活動できる」という点は、日本には(現時点では)ないメリットと言える。近年の日本でも年功序列はほぼ崩壊してはいるものの、欧米と比較すれば、人材募集を行う際、様々な職種で(正当な理由ありきで)年齢制限をしている企業はまだまだ多く、若年層でないことは何かとネックになりやすい。

日本では年齢のために応募すらできないことは、日本の求人サイトを見ていれば一目瞭然である。また、女性の転職も20代~30代前半くらいまでは未婚・既婚を問わず行えるが、さて、30代後半にもなるとどうだろう。おせじにも20代女性と大差ない条件とは言えない。応募可能な求人は少なくなる一方である。日本社会だけでなく日常生活においても、日本では何かと年齢を気にさせられる機会が多い。

もちろん、欧米でも職種によっては年齢や世代を考慮すべきケースもある。しかし欧米の求人と比較しても、日本ではほとんどの求人情報にすでに年齢制限があり、学歴・職歴は最優先となっていないケースが非常に多いと言わざると得ない。年齢を気にせず転職活動したいなら、「海外就職」はまちがいなくお勧めできる。

結論、年齢や性別に関係なく、これまでの経歴や実績で勝負したい女性にとっては、海外での転職活動は、日本での転職よりも好都合と言えるだろう。

海外就職・転職のメリット&デメリット

「海外就職」のメリット&デメリットについても見てみよう。お国事情も含まれるため、どの国で就職するかによってもメリット&デメリットは異なる。

また、新卒か経験者かによって給与の相場も異なる。また、経済事情や治安事情も異なるので暮らしやすさ&働きやすさも異なる。よって、メリット&デメリットの感じ方も人それぞれと言える。これらを前提に、日本での就職と「海外就職」とを比較してみる。

海外就職・転職のメリット

日本では得られない多くの経験ができる

どんな経験かと言われれば、一言では語りつくせないが、たとえば現地の人達の出会いやふれあい、日本ではできない新しい体験や生活スタイルなど、お金では買えない、日本では得られない多くの経験の機会を持てる。

良い意味で人生観や価値観が変わる

海外で暮らすなかで、毎日のさまざまな出会いや経験、カルチャーショックを通じて、新しい気づきを得るだろう。これら多くの気づきは自身のこれまでの人生観や価値観を変えてくれるかもしれない。

日本ほど年齢を気にする必要がない

とくに再就職においては、何かと年齢を気にする機会の多い日本社会と比較すれば、欧米社会のほうがより経験や実績を重視して採用する傾向にあるため、年齢を気にする機会も少ないと言える。

もちろん、欧米社会であっても、職種によっては適した年齢層の仕事もあり、どんな仕事も年齢を問われない、というわけではない。しかし欧米の履歴書には、日本の履歴書にあるような生年月日や年齢を記入する項目はなく、日本の求人情報のように応募条件に年齢制限があることもない。日本ほど年齢を気にせず就職・転職活動ができる点はメリットと言える。

生活スタイルがシンプルになる

他の国と比較すると、日本は何かと便利なモノであふれかえっている国と言えるかもしれない。日本ではモノもサービスも何かと便利で使い勝手が良くて品質も良い。そんな日本での生活に慣れているためか、たいていの日本人にとっては、海外へでると何かと不便を感じることが多いだろう。

また、海外生活を通じて、日本では経験し得なかったモノの少ないシンプルな生活が当たり前になったりする場合もある。それが不便かというと意外とそうでもない。モノのないシンプルな生活も、慣れてしまえば、日本以上に居心地が良かったりもするのだ。外国暮らしが長くなるにつれて、生活スタイルがシンプルになるといったことはよくある話だ。

日本での再就職に有利

「海外就職」でしっかりと実績を積んでおけば、近い将来、その経験が評価されて日本での再就職に有利な場合がある。とくに若手ならなおさら有利である。グローバル化する現代のビジネスでは、海外に進出したい日本企業は多い。

そうした日本企業にとっては、海外でキャリアを積んだ語学堪能な人材はたいへん貴重なのである。「海外就職」してそのままその国で永住するのもわるくないが、「海外就職」である程度しっかり実績を積んで、また帰国して日本で再就職するといった手段もお勧めだ。

海外で十分な実績やキャリアがあれば、少々年齢が高めでも採用したいと考える日本企業は多い。日本で年齢に関係なく勝負したいなら「海外就職する」という選択肢も将来的には有利に働くかもしれない。

デメリット

上記では海外就職・転職のメリットを挙げたが、もちろん現実はそんなにいいことばかりではない。ここでは海外就職・転職のデメリットを挙げてみる。現実に目を向けてみると海外就職・転職にもいろいろな心配事やリスクが伴うのだ。

日本食が高級な食べ物になってしまう

今でこそ日本食は有名になり、たいていどの国でも日本食レストランはあり、寿司や天ぷらくらいは世界各国で食せるようになった。日本と変わらないクオリティのお店もあるが、日本ほど安くもなく味も同じとは言い難いお店もまだまだ多い。

日本食スーパーマーケットへ行っても、たいてい日本からの輸入品であるため、どれも割高な買い物になってしまう。海外にいながら日本食を毎日食べたいと思う人も多いだろうが、やはり、日本と同じようなお手軽価格で日本食を食べられることは”ほぼ不可能”だと思って覚悟しておこう。

例外として、アメリカのカリフォルニア州では日系人口も多いため、日本の食べ物やモノはかなり安価に豊富にそろうことで知られているが、それでも日本と比較すれば多少は割高である。海外でも毎日おいしい日本食を食べて生活したい人は覚悟しておこう。

日本のような素晴らしい医療サービスを受けられない

海外で滞在していて改めて思い知らされるのが、「日本の医療サービスのすばらしさ」である。日本ほど充実した医療サービスの整った国は非常に少ない、いや、筆者の意見としては”無い”と言ってしまってよいだろう。例えば、パリの病院は予約が必須で日本のように気軽に病院に行く環境ではありません。

海外で日本と同じような医療サービスを受けられることは期待せず、どの科へ行くにも、患者が自分で良い医者や良い医療サービスを選ぶ必要に迫られることを覚悟しておこう。

リタイア後の日本での生活や年金が心配になる

海外に滞在しながら、日本でも年金支払いをしている場合は問題ないが、まったく年金を支払っていない場合はリタイア後の日本での生活に心配が残る。リタイア後に日本へ戻る予定があるなら、日本の年金制度にはきちんと加入しておこう。日本でのリタイア生活も考えておらず、日本の年金もあてにしていないのであれば、このデメリットは該当しない。

しかし、日本である程度の社会経験や年金支払いをしてきた方にとっては、引き続き支払っておいたほうが得策な場合が多い。また、海外生活が長い人は、日本とその国の両方で年金支払いをしている人もいる。せっかく今まで支払ってきた分が無駄にならないためにも、たとえ「海外就職」が決まって日本を離れることになっても、事前にきちんと調べておかれることをお勧めする。

海外就職で失敗しないために(まとめ)

海外就職したい理由は人それぞれだろうが、最後にもうひとつ、「海外就職」を目指すにあたって気に留めておくべき大切なことがある。

それは「目的をもつこと」である。

あなたは「いったい何のために海外就職したいのか?」について、ぜひ自問自答してみてほしい。「世界的に有名な女優になるため!」「起業して億万長者になるため!」など、そんなビッグでかっこいい理由である必要はない。大切なことは、海外へ行ってから目的なくだらだらと過ごすのではなく、自分なりに目的をもって有意義に過ごすことにある。

とくに目的がなくても「なるようになればいいさ」で何とかなる場合もある。しかし、わざわざ祖国を離れて、外国で目的のない生活を続けるというのは、もはや放浪者に近いものがある。そのまま放浪を何十年も続けて、最終的に何を得ることもなく、完全に浦島太郎の状態で日本へ帰ってきて、仕事もない、家もない、お金もない、家族もない、何にもない…といった孤独な人生が待っていないよう、せめて努力くらいはしたいものである。

「海外就職」することは大変エキサイティングな経験である。日本を離れてまったく新しい環境で仕事をするのだから、さまざまな体験や出会いの機会に恵まれる。「海外就職」を本当にしたいなら、いろいろな迷いもあるだろうが、とにかく行動することだ。

「海外就職」に備えるため、今すぐ必要なスキルを磨き、必要な情報を得て、とにかく今できることに挑戦してみることだ。「海外就職」で自分の思う人生を楽しみ、悔いのない人生を過ごせるよう、転がっているかもしれないチャンスは見逃さないことだ。あなたが自分の人生のために一念発起し、無事に「海外就職」を果たし、ハッピーな人生を謳歌されることを祈っている。

海外転職におすすめの転職サービス一覧

サイト名 サービス詳細
Spring転職エージェント
Spring転職エージェント
世界60ヶ国に展開するグローバルな転職エージェント

Spring転職エージェントは世界最大の人財ビジネスを手掛けるアデコが運営する転職エージェント。世界60ヶ国に5100カ所も拠点を置き、グローバルな転職を徹底的にサポートしてくれます。企業担当と求職者担当が同じだから、直接企業の情報を伝えてくれるところも心強いです。
ビズリーチ
ビズリーチ
グローバルに活躍できるハイクラス求人への転職を支援
ハイクラス求人に特化したビズリーチではグローバルに活躍できるプロフェッショナルの転職を手厚く支援。アジア・北米・ヨーロッパを中心に、駐在員採用と現地採用、2種類の雇用形態で求人情報を提供しています。日本で勤務できる海外事業の求人もあります。
JAC Recruitment
JAC Recruitment
海外に17の拠点を持つ転職エージェント

JACリクルートメントはロンドン発祥の転職エージェント。その経歴からうかがえるように海外の企業とも強いネットワークがあり、グローバルな転職サポートが可能です。世界10か国にまたがる17の海外拠点があなたの海外転職を強力に後押ししてくれるでしょう。
マイナビエージェント
マイナビエージェント
グローバル人材の就職に向け多様なサービスを展開

マイナビエージェントを主催するマイナビは転職エージェントサービスの他、マイナビ転職グローバル、マイナビ国際派就職などのグローバル人材に特化した求人サイトも手掛けています。海外の求人情報に係る多様なサービスを展開しているので、提供してくれるノウハウも期待ができます。
リクルートエージェント
リクルートエージェント
日系企業とのコネクションが強力な転職サービス
国内で最大級の実績を誇るリクルートエージェントは、海外に展開している日系企業とのコネクションが強力です。海外の求人案件数は非公開求人数を含めて400~500程度保有。海外在中の人に向け電話やメールでのサポートも対応しています。

海外転職におすすめ関連記事

海外就職の現実とは?
海外就職した場合実際のところどうなの?英語力の有無、新卒、未経験等、海外就職する為のとっておきのコツをまとめました。
日本人でも行ける海外就職先~北米(アメリカ・カナダ)編~
アメリカ、カナダ共に、経験重視の即戦力人材が必要とされています。それぞれの地域別に日本人の就職事情を詳しく解説していきます。
日本人でも行ける海外就職先~ヨーロッパ編~
デンマーク、ポルトガル、チェコなどをはじめ、ヨーロッパ就職に役立つ欧州17ヶ国の転職・就職事情の特徴を詳しくご紹介。
日本人でも行ける海外就職先~アジア編~
シンガポール、マレーシア、中国、ベトナムなどを筆頭に、アジアの就職に注目が集まっています。アジア就職を成功させるための必携バイブルここにあり。
日本人でも行ける海外就職先~オセアニア・南米・アフリカ・中東編~
オーストラリアは就職、留学、観光いずれをとっても日本人に人気のある国です。ここでは、基礎知識から就職事情、新ビザTSSまで徹底解説。
海外就職に使える転職エージェント一覧
海外の求人を探すなら、働きたい国に拠点がある・特化している転職サービスを利用しましょう!海外への転職実績が多数ある転職エージェントをご紹介。
海外就職活動の方法まとめ
ビザ、スケジュール、転職サイト、渡航、費用・・・一体なにから始めればいいの?海外で働くための方法を、9つのパートに分けて詳しく説明。
【海外】転職エージェント活用法
海外就職で利用すべき転職エージェントの使い方をマンガ付きで詳しく解説します!
日本人が知っておきたい海外転職の新常識
海外で就職するために必要なこと、メリットやデメリット、生活費を安くする方法など、海外転職に必須のトピックを徹底解説!

 
アクセスランキング
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
93,875views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
38,447views
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
3
AI(人工知能)に仕事を奪われる?AI時代を生き抜くためにできること
22,944views
【資格なし・未経験OK】50歳から転職OKな仕事10選
4
【資格なし・未経験OK】50歳から転職OKな仕事10選
22,449views
【50代/転職】現実は厳しい?失敗する人の共通点と成功方法とは?
5
【50代/転職】現実は厳しい?失敗する人の共通点と成功方法とは?
22,387views
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
6
電子書籍「中高年の転職必勝法」プレゼントキャンペーン
21,579views
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
7
高卒の社会人が『後悔した就職先ランキング』
19,370views
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
8
転職のお悩み相談はここ!転職相談室をフル活用!
15,582views
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
9
高卒公務員の現実。本当に勝ち組なのか?
15,554views
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
10
DYM就職ってどうよ?気になる口コミや評判は?!
15,365views
ページのトップへ