> > 日本人でも行ける海外就職先~オセアニア・南米・アフリカ・中東編~

日本人でも行ける海外就職先~オセアニア・南米・アフリカ・中東編~

126 views

オーストラリアは就職、留学、観光など日本人に人気です。しかし、就職して暮らしていくとなると、壁があります。かつては移住しやすいオーストラリアでしたが、就労ビザの取得も難しくなってきています。しっかり準備して就活に臨みましょう。
ここでは、オーストラリアやニュージーランド、ブラジル、アルゼンチン、アフリカ、ドバイの日本人就職事情を徹底解説します。

オーストラリア就職、口コミ・体験談

オセアニア(オーストラリア・ニュージーランド)の求人・転職・就職事情

オーストラリア

オーストラリアは就職、留学、観光いずれをとっても日本人に人気のある国です。都市ごとに異なる気候をもっており、タスマニアをはじめ美しい自然や海を楽しめる魅力が満載です。給料や平均年収が日本より高いですがその分生活費が高く、生活費のことを除けば暮らしやすい国と言えるでしょう。人種差別なども少なく、日本食を扱っているお店も多いので生活しやすいです。

日系企業は首都メルボルンをはじめ、経済都市のシドニー、アデレード、パースなどオーストラリア全土で進出しており、営業職や事務職、エンジニアなど一連の業種で現地採用を行っています。しかしワーキングホリデービザで就労する日本人も多いため、レストランなどのサービス業は競争率が高くなっています。

オーストラリアオーストラリアで就職を目指す場合は、まずは就労ビザのサポートを得られる企業での仕事を見つけることです。職種・雇用形態に柔軟で、相応のスキルを備えた方であればビザサポートありきの就職も実現可能です。また、英語が公用語の国ですので、高度な英語力もあればそれだけ就職にも有利です。

オーストラリアの就職に強い転職エージェントを探す

<オーストラリアの主要都市>
シドニー、メルボルン、ブリスベン、パース、アデレード、ゴールドコースト、ニューカッスル、キャンベラ、ウロンゴン、ゴスフォード 他

<オーストラリア企業一例>
スワロフスキー、レッドブル、ロンリープラネット、カンタス航空、テルストラ

オーストラリアでの海外就職を成功させるには?

親日としてとても有名なオーストラリアですが、働くためにはたくさんのハードルが設けられています。どんなことが必要で、日本人である自分が価値を発揮できるのはどんな仕事なのか、よく考えて準備を進めましょう。

オーストラリアでの海外就職を成功させるために必要なのは以下の3つです。

1.就労ビザ
2.職務経験
3.IELTS5.0以上の英語力

一つずつ詳しくご紹介します。

1.就労ビザ

オーストラリアで就職するためには、就労ビザを取得する必要があります。しかし、失業立の高まりにより、2018年3月から「サブクラス457」と呼ばれる長期就労ビザが廃止され、新たなビザを導入することが決定しました。

そのビザというのがTemporary Skill Shortage(TSS)ビザです。このビザは最長2年の短期と、最長4年の中期間の2種類があり、失業率の高いオーストラリア人の雇用を守る意味合いも持っています。

就労ビザを取得するためには2つのことが必要です。

・スポンサーとなってくれる企業を見つける

スポンサーとなる企業はスポンサー認可をもらうための費用を支払わなくてはなりません。
そして研修プランニングし、行わなくてはならないというルールがあります。さらにその企業がスポンサーとなれるのは◯名と決めておかなくてはならないため、既にスポンサーとなっている企業には入ることができません。

・年収53,900ドル(約590万円)以上の仕事に就く

オーストラリアは物価が高いため、給与水準も高くなっています。日本でこんなに高い年収はもらったことがないという方でも大丈夫です。

最長2年の短期の場合はオーストラリア国内で1回だけビザ更新が可能、最長4年の場合は3年就労期間経過した後にオーストラリア国内で新しいビザと永住ビザの申請が可能になります。

できる限り最長4年のビザを取得できるよう、人材不足の業界を狙う、人脈をつくる、日系企業に就職するなどの手段を考えておきましょう。

人材が不足しているビジネスの場合は別ですが、人材を雇う企業がオーストラリア人より日本人を優先する理由を述べなくてはならないため、ハードルが高くなっています。

日本へのリテラシーが活かせる日系企業などの場合は、日本人を雇う理由は言わずもがなですので、比較的就職しやすい傾向にあります。

また、ビザ取得をするためにワーキングホリデーから入ってその企業にスポンサーになってもらってビジネスビザを取得する、留学して学生ビザでバイトをしてそのままビジネスビザを取得、あるいはそのあわせ技で取得するなどの方法があります。

求人市場もビザ取得の状況も刻一刻と変わっていきますから、常に状況をしっかり捉えて準備を進めてくださいね。

2.職務経験

海外での就業経験があればなおよいですが、最低でも日本で3年以上の経験を有していることが必要となります。諸外国と同様にオーストラリアでも日本企業のように「入社してから教える」という概念はありません。新卒でオーストラリアで働くのは困難なことがわかります。

採用する人に何をどこまでやってもらうのかを明確にしているので、それができない人であれば採用するに値しないという判断が下されます。また、TSSビザの場合、高度な技術を持っていて人材が不足している業界での雇用が優先されます。

また、実際に職務経験があったとしても自分でアピールしなければなりません。自分には何ができるのか、御社でどのような力を発揮できるのかなどを明確に伝えましょう。それが企業側に伝わらないと、あなたが「探している1ピース」であることに気がついてもらえません。

日本人の場合は主張をすることが苦手という方も多いです。ましてや母国語でない言葉で伝えるわけですから、日本での面接よりも準備に時間が必要となります。

募集している職種の内容などをしっかり把握し、自分ができることに落とし込んで他の人との違いをどう伝えるのか、細かく決めて話せるようにしておきましょう。

3.IELTS5.0以上の英語力

そもそもIELTS(アイエルツ)とは何かをご説明していきます。

IELTSはInternational English Language Testing Systemの頭文字をとったテストのことを表しています。

海外での就職を考えている方、留学などでも英語力を証明するのに使われたり、海外移住申請時に使われたりします。最近ではTOEFLの代わりとして入学審査に使われるなど、標準化しつつある試験として有名になってきています。

オーストラリアに限らず、現地法人で働きたいと考えるのであればサービス業以外はこのIELTS5.0以上の英語力が必要となります。ビジネスシーンでは日常会話のようにゆっくり話すように頼むこともできませんし、専門的な用語が並んだ資料を読み込むだけでなく作成する必要も出てきます。

日本語でいうビジネスで使う敬語のような言い回しを知っていないと、環境になじめず仕事の妨げになる可能性が高いです。そもそも採用されるときに英語力に不安があると、採用しようと考えてくれないため、英語力は鍛えておきましょう。

 

二ュージーランド

ニュージーランドニュージーランドは南太平洋に浮かぶ島国で、北島と南島から構成されています。温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、観光地としても人気のある国です。首都ウェリントンは政治機関が集中し、オークランドは経済の中心地で北島の大都市、クライストチャーチは南島の大都市として知られ、酪農製品や肉類、水産物など輸出業が盛んです。

ニュージーランドでの就活は、現地企業に中小企業が多いので、人脈やコネを使っての就活がもっとも効果的です。また、ニュージーランドで就職を目指す方は、現地で働くための就労ビザが必須ですので、サポートしてくれる企業を見つけなければなりません。現地で人脈のある方や、高い英語力をお持ちの方は現地企業もどんどん挑戦してみましょう。

二ュージーランドの就職に強い転職エージェントを探す

<ニュージーランドの主要都市>
オークランド、ウェリントン、クライストチャーチ、ハミルトン、 ネーピア=ヘイスティングズ、タウランガ、ダニーデン、 ロワー・ハット、北パーマストン、ネルソン 他

<オーストラリア企業一例>
ゼスプリ・インターナショナル

 

その他、オセアニアの国々

キリバス、サモア、ソロモン諸島、ツバル、トンガ、ナウル、バヌアツ、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、マーシャル諸島、ミクロネシア連邦
 

南米(ブラジル・アルゼンチン)の転職・就職事情

南米での就職といえばブラジルアルゼンチンが代表的な国と言えます。
 

ブラジル

ブラジルブラジルは豊富な資源と安価な労働力で、南米でもっとも注目されている国です。首都はブラジリアにあり、南半球の大都市サンパウロでは日系人コミュニティもあり、経済も活発です。国内最大の観光都市リオデジャネイロも、サンパウロの次に続く大都市と言われており、今後もますます発展していくと見られています。日本と比べて治安の悪さや賃金の低さから、ブラジルでの現地就職は敬遠されがちです。しかし、ポルトガル語の高い語学力と専門性あるキャリアをもっているのであれば、ブラジル就職・転職も挑戦してみる価値はあるでしょう。

ブラジルの就職に強い転職エージェントを探す

<ブラジルの主要都市>
サンパウロ、リオデジャネイロ、サルヴァドール、ブラジリア、フォルタレザ、ベロ・オリゾンテ、クリチバ、マナウス、レシフェ、ポルト・アレグレ 他

<ブラジル企業一例>
ブラジル銀行、ヴァーレ

 

アルゼンチン

アルゼンチンアルゼンチンは首都ブエノスアイレスを中心に、今後も経済発展が期待される国です。こちらも就労状況はブラジルと似たところがあり、日本人が現地就職して日本並みの生活レベルを維持することはそう容易ではありません。南米での就職では日本で就活し、現地へは駐在員として出向したほうが収入もライフスタイルも保証されるのでお勧めです。言語はスペイン語が公用語です。

アルゼンチンの就職に強い転職エージェントを探す

<アルゼンチンの主要都市>
ブエノスアイレス、コルドバ、ロサリオ、マル・デル・プラタ、サン・ミゲル・デ・トゥクマン、サルタ、サンタフェ、コリエンテス、バイア・ブランカ 他

 

その他、南米の国々

ウルグアイ、エクアドル、ガイアナ、コロンビア、スリナム、チリ、パラグアイ、ベネズエラ、ペルー、ボリビア

 

アフリカの転職・就職事情


エジプトアフリカはナイジェリア、南アフリカ共和国、エジプトを筆頭に高い経済成長率をみせており、日系企業も今後のアフリカ経済に注目しています。ただし、アフリカは豊富な資源や安価な労働力が魅力な一方、政治的な不安な貧困や格差、インフラ整備が十分でないなど多くの課題も残されています。現在も欧米やアジアと比較すれば日系企業の数は少ないですが、様々な業界が進出しており、とくに自動車、電機、精密機械、重機などのメーカーや商社が目立ちます。

アフリカで日本人が就職する場合、駐在員として日本から現地へ派遣されるケースが主で、アフリカの現地企業や外資系企業で雇用されるケースはまだまだ珍しいと言えます。

アフリカに強い転職エージェントを探す

 

中東(ドバイ等)の転職・就職事情


ドバイ中東ではUAE(アラブ首長国連邦)の一国であるアブダビ、ドバイ、サウジアラビア等へ進出日系企業が多く、商社やメーカーをはじめ、ゼネコンや石油関連の企業が目立ちます。中東で日本人が就職する場合、駐在員として日本から現地へ派遣される方が大半です。

西アジアはこのUAEを含むイラク、イラン、シリアなどアラビア半島エリアの総称です。豊富な資源があり経済のポテンシャルは高いのですが、政治的な不安や情勢が安定しない危険な地域もあるため、これらのエリアでの就活はもちろん渡航にも十分な警戒が必要です。

中東に強い転職エージェントを探す

 

海外 転職エージェント比較

サイト名 サービス詳細 公式サイト
Spring転職エージェント
世界60ヶ国で展開
世界60か国に拠点を持つSpring転職エージェント(アデコ株式会社)は海外転職では外せない鉄板エージェント!世界のほぼすべての地域にオフィスを持つ同社であれば、慣れない海外転職も安心。
ビズリーチ
国内最大級の会員制転職サイト
会員数100万人の会員制転職サイトのビズリーチ。優秀なヘッドハンターがあなたの職務経歴書を見てスカウトしてくれます。年収1000万以上のグローバル求を探している人に最適。会員登録後は職務経歴書を充実させてより多くのスカウトを受けよう!
リクルートエージェント
グローバル求人多数!アジア拠点数No.1
アジアの海外拠点を数多く持ち、中国、台湾、ベトナム、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア、インドにオフィスを持っています。求人数も多いのでアジアでの転職を希望するなら登録は必須。
JAC Recruitment
外資系の求人に強い
国内に加え海外8ヵ国に拠点があり、海外転職も万全の体制でバックアップが可能です。英文履歴書や応募書類の添削指導にも定評あり。コンサルタントの質も高いので、まずは話してみるのも○
マイナビエージェント
幅広い国・地域の求人あり
勤務先に幅広い地域や国があり、海外転職を考える上で外せない1社です。海外求人も非公開求人がたくさんあるので、まずは相談してみると良いでしょう。

type転職エージェント
海外転職の穴場的存在
首都圏求人に特化しているため、サポートは1都3県の在住者に限られますが、実は海外求人も数100件扱っています。25歳~35歳前後の求人に力を入れており、ステップアップしたい首都圏の若手社会人にオススメ。

旅行綜研
日本語のみで海外ツアコンを目指せる
日本を拠点に月の半分ほどを海外ツアーコンダクターとして働き、海外勤務へのステップとしてみては?資格取得もでき、北海道~沖縄まで全国で説明会実施中!対応するのは日本人旅行客なので、外国語が苦手でもOK!

 

海外転職エージェント 鉄板ガイド

海外転職 鉄板ガイド
国別、海外転職エージェントはココを使え
日本人の海外転職、その新セオリーとは一体?
日本人でも行けそうな海外就職先~北米(アメリカ・カナダ)編~
日本人でも行けそうな海外就職先~ヨーロッパ編~
日本人でも行けそうな海外就職先~アジア編~
9ステップで大成功!イマドキ海外就職活動

海外転職エージェント

 

アクセスランキング

女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
1
女性が一生食べていける、ゼロから取れる資格は?
9,051views
CONNECT‎は採用決裁者にすぐ会える?秘密を大公開
2
CONNECT‎は採用決裁者にすぐ会える?秘密を大公開
5,129views
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
3
50代で転職はNG!再就職に成功できない転職事情
3,151views
50代からの転職OKな仕事10選【未経験可】
4
50代からの転職OKな仕事10選【未経験可】
2,627views
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
5
転職鉄板ガイドーみんなの仕事実体験と最新情報ー
2,545views
【男女別】高卒の就職先ランキングと口コミ体験談【おすすめ】
6
【男女別】高卒の就職先ランキングと口コミ体験談【おすすめ】
2,538views
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
7
高卒公務員の給料は高すぎる?本当に勝ち組なのか
2,225views
正社員になれる?派遣転職物語
8
正社員になれる?派遣転職物語
1,867views
DYM就職(旧Meets Agent)の気になる口コミや評判は?!
9
DYM就職(旧Meets Agent)の気になる口コミや評判は?!
1,813views
40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】
10
40歳からの転職【悲観しなくて大丈夫】
1,781views
ページのトップへ