アメリカで就職~日本人でも行ける海外就職先~

アメリカで就職~日本人でも行ける海外就職先~

世界の国の中でも、トップクラスのGDPを誇っているアメリカ。金融の中心地であるウォール街、観光でもハリウッド、エンターテインメントの中心地であるブロードウェイ、パワースポットで有名なグランドキャニオン、巨大な娯楽街となっているカジノなど、人々を引きつける魅力を持った土地といえます。

50の州を持ち、さまざまな人種が住む国です。厳しい実力主義社会の中でも実力を発揮すれば一攫千金も狙えるという「アメリカンドリーム」を叶えられる場所。自分の可能性にチャレンジしたい人にはピッタリの環境といえるでしょう。

現在は、コロナ禍で失業率は16.0%に上昇するという予想がされているほど厳しい状況です。

ではそんなアメリカで、就職を成功させるためにはどのようなことに気をつければいいのか、ポイントをご紹介していきます。

アメリカでの海外就職を成功させるには?

例年でも厳しいアメリカでの就職ですが、2020年はコロナ禍のため、失業率が3%台から15%近くまではねあがりました。そこから2020年9月の時点に失業率7.9%となったものの、なかなか以前のようには下がっていないのが現状です。

2020年9月頭頃に落ち着きを見せていたコロナ感染者が、9月下旬頃から徐々に増え始めた影響で、夜間の外出禁止などを出している州も出てきています。その状況を見ると、この失業率が以前の水準に戻るには相当な時間がかかることも予想されます。

そんな厳しい状況の中でも、アメリカ就職のためにはこれからご紹介する3つのことが欠かせません。まずはしっかり準備をしておきましょう。

1.就労ビザ

アメリカでの就職は就労ビザがなければお話になりませんので、まずは就労ビザ取得を最優先で取り組むことが重要です。

アメリカの就労ビザは、H、L、O、P、Q と大きく分けて5種類あります。一般的な就職で取得するのは、H-1Bビザで、既に働いている会社の企業内転勤でアメリカに就労する場合はL-1ビザとなります。

H-1Bビザは特殊技能職で、専門職に就くためにアメリカに来る方向けのビザとなります。このビザ取得には、専門分野の学士号以上の学位か職務経験が必要となります。学位と異なる職種の就職を狙ってもビザがおりませんので、注意しましょう。

その専攻の学士・修士・博士号を持っている証明が必要ですから、卒業証明書、成績証明書などは余分に用意しておくことをおすすめします。学位に応じて給与のベースが異なるため、より高い学位があれば、最初から高い年収で勤務をスタートできます。学校のレベルよりも、専攻と応募職種のフィット感がビザ発給には重視されることも覚えておきましょう。

ビザの申請手続きは2020年受付(2021年度)分からは申請前登録制度を実施するようになりました。これはスポンサーとなる会社と個人が行う登録で、登録費用が登録する1人につき10ドルかかり、すべて電子申請となります。申請の期間は3月からとなっていますが、現在はH-1Bビザの発給が停止されているため、今後のスケジュールについては随時確認が必要です。

H-1Bビザの新規発給が停止となったのは2020年6月のことで、この規制は2020年末まで続くと報道されています。(2020年11月4日現在)移民受け入れに難色を示しているトランプ氏が大統領選で再選されれば、ビザの発給停止が長引くことも予想されます。

アメリカとしては自国の失業率が上がっていることを懸念して、H-1Bビザの新規発給を停止したと報道されているため、失業率が以前の水準になるまでH-1Bビザの取得はかなり難しい可能性があります。

大統領選の結果によってもH-1Bビザ発給の時期がいつになるかはわからないため、他の就労ビザ取得の可能性について情報収集しながら移民弁護士に相談するなど、やれることはやっておきましょう。

また、新規発給がスタートした後も、H-1Bビザは上限を超えての申請が多く抽選となるため、勤務している企業で転勤を狙うなどビザ取得の路線を切り替えることも検討してみてください。

2.プロフィール

次にプロフィールの登録が必須となります。HIREDなどのエージェントサービスに登録し、常にプロフィールを更新しておきましょう。エンジニアの場合はGitHubに登録し、自分のコードを見てもらえる状況を作っておくと企業からオファーがかかりやすいです。

日本でアメリカ求人を探すなら、ビズリーチ・doda・リクルートエージェント・JACリクルートメント・QUICK USAなどがあります。

アメリカ就職で登録必須の転職エージェント
アメリカ転職に強い転職エージェントをご紹介。なるべく多くのエージェントに登録して、より多くの求人情報を集めましょう。

3.英語力

なんと言っても欠かせないのが英語力です。TOEICなら850点程度で面接・就職後のコミュニケーションもとれるレベルとなるので、その点数は目指していきましょう。現地にある日系企業であれば600点程度でも就職可能かもしれませんが、点数が多いに越したことはありません。

ただ、ビザの取得と転職先を決定できなければ、英語力があってもアメリカ就職は叶いません。まずはビザ取得と自分の能力にあった転職先を見つけることが重要です。「英語力をつけてからビザ取得や転職活動をしよう」と考えず、ビザ取得・転職活動と並行して勉強を行うようにしましょう。

アメリカの求人・転職・就職事情

ニューヨーク(NY)

世界の首都とも呼ばれる大都会

ニューヨーク世界のトレンドの発信拠点ともいえる都会で、ファッション・食・文化・ビジネスなど常に最先端をリードしています。

アメリカの金融・経済を支える重要な都市でもあります。アメリカ国内外からさまざまな人種・国籍の人たちが集まっておりメルティング・ポット(人種のるつぼ)と呼ばれています。
 

日本人の就職事情

エキサイティングなNYの街で仕事をしたいと考える日本人は大変多く、アメリカでの就職・転職先としては一番人気の街といえます。

全米でみれば日系企業や日本食レストランなども数多く集まっており、年齢に関係なく、日本人が働ける機会は多いほうと言えます。外国人の雇用に積極的な現地企業や国際機関なども数多く集まっています。

ただし就労ビザをサポートしてまで外国人を雇用する企業は限られてきますので、まずはビザについて解決しなければなりません。

ニューヨークへの就職
日本人向け求人量
就職難易度
求人情報 アメリカに強い就職サイト5社比較

ロサンゼルス(LA)

世界の流行発信都市

ロサンゼルスロサンゼルスは世界のファッションやカルチャーの発信拠点として常に世界から注目されています。

セレブの集まるハリウッドやお洒落なショッピング街、西海岸のビーチなどもまた多くの観光客を魅了しておりアメリカ国内でも人気のエリアです。ただし、物価や家賃が高く、治安のよくないエリアもあるのが難点です。気候は暖かいので年中、快適に過ごせます。

日本人の就職事情

日本人や日系人の人口はアメリカでもっとも多く、日系企業や日本食レストランやスーパーなどもたくさん集まっており、日本人が就職・転職できる機会は多いほうです。

ただし就労ビザをサポートしてまで日本人を雇用する企業は限られてきますので、まずはビザについて解決しなければなりません。

ロサンゼルスへの就職
日本人向け求人量
就職難易度
求人情報 アメリカに強い就職サイト5社比較

サンフランシスコ

観光だけでなく、IT産業の中心地

サンフランシスコ西海岸でもロサンゼルスと並んで人気のある街です。ゴールデンブリッジやアルカトラズ島など観光地としても人気があり、海に面したとても美しい街並みが魅力です。

カリフォルニア州の工業・経済の中心地でもあり、アップル、グーグル、Facebookなど有名IT企業が集まるシリコン・バレーは有名です。

日本人の就職事情

日本人や日系人の人口が多いので、日系企業や日本食レストランやスーパーなどもたくさん集まっており、日本人が就職・転職できる機会は多いほうです。IT企業が多いので、IT系の専門技術や経験がある方は狙い目です。

サンフランシスコへの就職
日本人向け求人量
就職難易度
求人情報 アメリカに強い就職サイト5社比較

ハワイ

物価は高いが、給与は安い?!

ハワイ美しい太平洋の海に囲まれ、1年を通して温暖な気候のハワイは観光業をメインの都市です。

常に多くの観光客がアメリカ国内外から訪れており、日本人観光客も多く見かけます。現地ではアジア系移民が多く、日系人・日本人の人口もかなり多いほうです。

気候・景色などはバツグンに素晴らしいですが、平均給与が低い傾向にあるにもかかわらず、物価・家賃が高いのは難点です。
 

日本人の就職事情

ハワイは日本人や日系人の人口が多いので、日系企業や日本食レストランも数多くあります。しかし永住している日本人の人口も多いため就職率は高いですが、それだけ競争率も高くなります。

また、観光業が盛んで日本人観光客をターゲットにしたレストランやアパレル、ギフトショップでの接客業もありますが高い月給は期待できません。稼ぎたいならアメリカ本土での就職・転職を目指しましょう。

ニューヨークへの就職
日本人向け求人量
就職難易度
求人情報 アメリカに強い就職サイト5社比較

グアム

日本からも近いリゾート地

グアムグアムは日本から飛行機で3時間で行ける南の島、観光業が主要経済となっています。美しい太平洋の海に囲まれたリゾート地で、街には観光客向けのホテル、レストラン、ギフトショップなどが立ち並んでいます。ハワイと同様、平均給与が低いわりに物価は高いのが難点です。

日本人の就職事情

グアムは日本人観光客が多いので、日本人観光客を担当するホスピタリティ系・接客業・ツアーガイドなどの仕事がメインになります。しかしアメリカ本土と比べて給与設定が低いため高い月給は期待できません。稼ぎたいならアメリカ本土での就職・転職を目指しましょう。

アメリカその他エリアなど

その他日本人転職・就職主要州、都市 ニュージャージー、カリフォルニア(ロサンゼルス) 、イリノイ(シカゴ)、ジョージア(アトランタ)、テネシー、ミシガン、テキサス(ヒューストン)、オハイオ、マサチューセッツ(ボストン)、サンノゼ、サンディエゴ、ウェストチェスター、他
アメリカの言語 用語は英語ですが、移民が多いので家庭によってはスペイン語や他の言語を使用しています。
アメリカ合衆国企業一例 Google、アップル、オラクル、ウェルチ、ナビスコ、P&G、ラルフ・ローレン、コーチ、iRobot、ボーズ、エクスペディア、ユナイテッド航空、キャタピラー、アストラゼネカ、ワーナー・ミュージック、ピクサー、ヒルトン、ゼネラル・モーターズ
日本人求人のある職種・業種 プログラマー、エンジニア、Webデザイン、営業、事務、コールセンター、デザイナー、学校教員、塾講師、幼稚園教諭・保育士、ホテルスタッフ、旅行エージェント、ツアーコンダクター・ツアーガイド、空港グランドスタッフ、販売・サービス、日本料理店、寿司職人、調理師、ウェイトスタッフ、翻訳・通訳、金融・証券関係、不動産、他

アメリカで日本人が就職しやすい職業

アメリカで日本人が就職しやすいのは、STEM(サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学)などの学位が必要になる職種です。例えばエンジニア・食品開発・医療関連・IT関連・自動車関連などが就職しやすい職業といえます。

アメリカでも不足しているエンジニア職であれば、非常に就職がしやすいといえるでしょう。

その場合、エージェントサービスなどに登録しておくだけでオファーがもらえる可能性があります。他にも、MONSTERJOBSやindeedなどの求人検索エンジンも利用してみるとより多くの求人に出会えます。

アメリカの暮らし

アメリカでの暮らしについてメリット・デメリットに分けてご紹介します。

メリット

英語力が身につけられる

まずは働く中で、英語力が身につけられます。ネイティブのスピード、ビジネス英語の使用経験があれば、よりコミュニケーションを磨くことができます。

永住権が得られる可能性も

就業経験があれば雇用先がスポンサーになってくれる、あるいは自分のスキルの高さによってアメリカに利益をもたらせると判断してもらえれば永住権を取得できる可能性があります。そうすれば、就労ビザに足を引っ張られることなくアメリカでの就職ができます。

実力主義の国で働ければどこででも働ける自信がつく

英語力だけでなく、実力主義の厳しい環境でスキルを磨けばどこででも働ける自信がつくでしょう。アメリカで働いた経験とスキル・英語力を手に入れれば、アメリカに限らず自分が暮らしてみたい外国でスキルを生かして働ける可能性も広がります。

高収入を得る可能性も

アメリカで不足している技術や専門の知識を持っていれば、日本よりも高い給料をもらえる可能性があります。さらに修士・博士号を持っていれば、それだけで給料のベースが高くなるため、さらに高収入を得られる可能性もあります。

田舎の一軒家などなら日本よりも広い家が手に入る

都心部では家賃がとても高いため、広い家を手に入れるのは難しいかもしれませんが、郊外の一軒家なら日本よりも広い家を手に入れられます。国土が広い国ならではの快適な環境を享受できるでしょう。

デメリット

物価が高い

都心部の場合は特に物価が高い傾向にあります。また、日本食材は特に高い価格設定となっていることが多いため、日本食ばかりを好んで食べていると生活費が高くなる可能性があるでしょう。

都会は家賃が高く、生活費が非常に高い

都心部は物価も高いですが家賃がとても高い傾向にあります。日本であれば家賃がかなり安くなるような古い建物であっても、アメリカの場合そうではないことも多いです。暮らすエリアによって大きく生活費が変わるため、下記のサイトで居住エリアを入力し、生活費の概算を出しておくといいでしょう。

https://www.payscale.com/cost-of-living-calculator

家賃が安い地域は治安が悪い

逆に家賃が安い地域に住もうと考えると治安が悪い傾向にあるため、治安と家賃相場のバランスをよく見て選ぶことが重要です。日本とは違って銃社会でもあるため、少し条件が悪くても治安の良い場所を選んで生活するようにしましょう。

医療費が高い

日本のように保険加入が強制ではないため、非常に医療費が高いです。保険に入っていても日本とは比べ物にならないほど高いので、注意しましょう。盲腸の手術で数百万かかる場合もあるため、日本にいるうちに大きな手術の可能性があるものは済ませておくことをおすすめします。

新卒でアメリカ就職を目指すには?

ここまで転職者のアメリカ就職についてご紹介してきましたが、新卒でアメリカ就職を目指す場合の方法をご紹介します。

日本の大学を卒業してアメリカでの就職を考えているなら、経験もビザもないため、かなり厳しいことが予想されます。アメリカの大学院に進学する、日本企業に就職してアメリカ転勤を目指す方がアメリカでの就職可能性を上げられるでしょう。

インターンからスタート

アメリカに留学していて新卒でアメリカ就職を目指す場合はインターンからスタートし、企業にビザのスポンサーになっていただけるような働きを見せることが重要です。

アメリカ企業では実績を持っていない新卒学生が就職を目指す場合、インターンが必須となります。

留学生でF-1 、M-1ビザ持っている人が1年学校に通うともらえる(語学学校を除く)のが、就学中に就労可能なcurricular Practical Training、卒業後に就労可能なOptional Practical Trainingの2つのビザです。

上記2つは他ビザと同じく、専攻分野に関連する職種に就けるという決まりがあります。就業先の相談や申請などは、学校のインターナショナルオフィスで行ってください。

卒業後に就労可能なOptional Practical Trainingの有効期限は、申請書のスタート日からMビザは6ヶ月、Fビザは365日間まで有効となっています。

しかし、申請書のスタート日から90日以内に勤務先が決まらなければ即刻帰国しなければならないという決まりがあるため、めぼしい勤務先を先に見つけておくことが重要です。

OPTは大学を卒業したときに願書を出せば就労ビザとして1年有効に使えます。1年以下しか勤務できない人を雇いたいというところは少ないため、OPTがあっても仕事に就くのはとても厳しいです。

また、OPTで勤務できる仕事は内容が作業系のことも多いため、あまりキャリアアップにつながらない可能性があります。

採用するメリットをアピール

就職先を探すとき、募集要項にはエントリーレベル・インターミディエイト(ミッドレベル)・シニアレベルの3種類があり、新卒の場合はエントリーレベルが対象となります。

ここにも中途のアメリカ人が応募してくるため、「アメリカ人ではなく日本人の自分を採用するメリットは?」という観点でアピールする必要があります。

留学生向けのキャリアフォーラムでコネ作り

その他、留学生向けのキャリアフォーラムに参加し、企業とのコネクションを作っておくのもおすすめです。出展企業は200社程度、参加者は1万人程度いますので少しでも有効な就職活動ができるように早めに会場にいくことをおすすめします。

開場の1時間半前に到着しておくと先頭の方に並べる可能性が高いです。また、時間が許すようであれば全日程に参加し、多くの企業とコンタクトをとっておきましょう。

卒業年次が近くなくても、企業がどのようなことを求めているのかの感度を高めるために足を運んでみるのもおすすめです。当日そのまま面接にという流れになることもあるため、レジュメは用意していきましょう。

また、企業の担当者から生の情報収集ができる貴重な機会ですから積極的に質問をしてください。どんな思いを持って採用しているのかなど、今後の就職活動に役立つ情報が収集できます。


海外転職におすすめ関連記事

日本人でも行ける海外就職先~アメリカ編~
アメリカは経験重視の即戦力人材が必要とされています。地域別に日本人の就職事情を詳しく解説していきます。
日本人でも行ける海外就職先~カナダ編~
ワーキングホリデーや留学先として、日本の若者に人気のカナダ。ワークビザの取得方法からカナダの日本人就職事情まで徹底解説。
日本人でも行ける海外就職先~オーストラリア編~
オーストラリアは就職、留学、観光いずれをとっても日本人に人気のある国です。ここでは、基礎知識から就職事情、新ビザTSSまで徹底解説。
日本人でも行ける海外就職先~ヨーロッパ編~
デンマーク、ポルトガル、チェコなどをはじめ、ヨーロッパ就職に役立つ欧州17ヶ国の転職・就職事情の特徴を詳しくご紹介。
日本人でも行ける海外就職先~アジア編~
シンガポール、マレーシア、中国、ベトナムなどを筆頭に、アジアの就職に注目が集まっています。アジア就職を成功させるための必携バイブルここにあり。
海外就職に使える転職エージェント一覧
海外の求人を探すなら、働きたい国に拠点がある・特化している転職サービスを利用しましょう!海外への転職実績が多数ある転職エージェントをご紹介。
海外就職の現実とは?
海外就職した場合実際のところどうなの?英語力の有無、新卒、未経験等、海外就職する為のとっておきのコツをまとめました。
海外就職活動の方法まとめ
ビザ、スケジュール、転職サイト、渡航、費用・・・一体なにから始めればいいの?海外で働くための方法を、9つのパートに分けて詳しく説明。
【海外】転職エージェント活用法
海外就職で利用すべき転職エージェントの使い方をマンガ付きで詳しく解説します!
日本人が知っておきたい海外転職の新常識
海外で就職するために必要なこと、メリットやデメリット、生活費を安くする方法など、海外転職に必須のトピックを徹底解説!

 
参考サイト
厚生労働省
内閣府
ハローワーク
職業情報提供サイト
日本経済連合会
転職コンサルタント
中谷 充宏
梅田 幸子
伊藤 真哉
上田 晶美
ケニー・奥谷